amefurashiさんのKAWASAKI Dトラッカー125 近況日記 「リハビリ バイク」

0000094access

プロフィール

誕生日
7月 13日  
血液型
B型  
都道府県
福島県  
活動エリア
主に東日本 
ライダースキル
初級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
115件
インプレ投稿件数
29件
MYバイク登録台数
2台
友達
9人
カテゴリ:近況
(2)
amefurashiさん amefurashiさん   2017年09月13日

リハビリ バイク

日記写真
車種名
KAWASAKI Dトラッカー125
Myバイク
Dトラッカー125

今月は平日の休み多くて嬉しいです。この前股関節を痛めたばかりなので今日は無理をせず軽めのメニューで午前のみの短時間にしました。股に負担が掛からないように、ウィリー、ニーグリップ無しのストッピー、スタンディングのみの8の字の地味な基礎練習。ヒルクライムとかは無しです。

急遽改変したバイク体操は十分に効果ありです。これまで地面にお尻がつくのが嫌で、準備運動では無理やり立ち居のみにしてましたが、やはり十分に股関節をのばせてなかったみたいです。

ただレジャーシートが必要で、また一つ携行品が増えてしまった。まぁパンクの時もランチの時も役に立つから良しとするか!?

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 1.

そしてレジャーシートのみならず更に、麺屋家元さんアイデアの非常点滅灯も加わりました^^;と言っても実はこれ、お泊りツーリングの時には前から携行していた自転車用のになります。dトラにはハザードが無いので、吹雪や濃霧のホワイトアウト時にリュックの後ろに付けて点滅させる用なのですが、事故で直ぐに路肩に寄れない場合は、これを後方に置いてきて、後続車に知らせる役目になります。

他には夜間修理用のヘッドランプにオレンジのはGPSですね。

まぁいつ夜間走るか分かりませんので、これらをgiviのトップケースにぶち込んどきます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

リアフェンダーがアルミになったり、ブロックタイヤ履いたりと、最近は益々何のバイクか分からなくなりつつあるdトラですが、やっぱりダートはタイヤの減りが遅くて良いですね。オンタイヤは勿体無いので温存してツーリング時だけ履き替えようと考えてます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全6件)

KAWIさん
もうトレーニング始めたんですか?
くれぐれもお気を付けてくださいませ。
amefurashiさん
KAWIさん
ありがとうございます。まだ腫れが退いていないので、負担を掛けないよう用心したいと思います。
杉さん
こんばんは
タイトル画像がリハビリですか?
無理しないでくださいね。
C-2 自然の中のDトラ、いい写真ですね。
amefurashiさん
杉さん
パワースライドは鈍角のスラロームから体を慣らしていき、写真は8の字ですが、90度位までですね。それ以上は暫く禁じ手にします。c2は付近でアケビを見つけたので止まったときの写真です。まだ若かったので、熟した頃に誰にも取られていなければ、その時は秋の味覚を賞味したいと思います。
キム(morph)さん
amefurashiさん、どうも!
本格的に走るなら、フルサイズを考えた方がいいと思いますよ。
やっぱりKLX125、Dトラ125はファンバイクサイズで、体が縮む分だけ無理がある様に思います。
私もハンドル位置やらステップをいじってみましたが、本格的にオフを走る気にはなれませんでした。(汗)
もちろん、個人のやり方をとやかく言う気はありませんが。
モトクロスやエンデューロにはモトクロッサーで練習をするのが最も効果的で早道なんだそうです。
林道ツーリングくらいがいいんじゃないかな?
amefurashiさん
キム(にゃおざね応援隊)さん
コメントありがとうございます。元々はKLX250持ってたのですが、諸般の事情があり、郵政カブ用の14インチスノー、スパイクタイヤが履けるdトラ125に買い替えた経緯があります。確かに125ccはチョロQ感が強く、何してもサーカスくまさんの曲乗りのみたいでカッコ悪いですが仕方ないですね。本当は多頭飼い出来たら一番最高でしょうが、収入も頭打ちで増える見込みのない飼い殺し状態の半リストラ男なので情けないったらありゃしません。モトクロッサーなんてとんでもないです。まず運ぶ車を持ってませんから。dトラは林道ツーリングも行くし、吹雪の通勤にも使える用途です。まぁ今はほしいバイクも無いので、10年位コツコツ貯金していれば、そのうちメーカーが本腰入れて買いたくなるバイクを作ってくれるんじゃないかと期待しておりますです、ハイ。