バイクイベント探しはWebikeイベントNAVIで!
ツーリング募集やオフ会企画も簡単に!

0000074access

1634026368701M.jpg

プロフィール

誕生日
11月 27日  
血液型
B型  
都道府県
兵庫県  
活動エリア
関東地方を中心に 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
98件
インプレ投稿件数
156件
MYバイク登録台数
4台
友達
22人
(4)
タツヤさん タツヤさん   2017年08月27日

JNCC8耐G [アイアンマン]

車種名
HUSQVARNA TE250
Myバイク
HUSQVARNA TE250

昨年まで、バイクショップ モトパワーさん主催で開催されてきた「8時間パワーエンデューロ」。
なんと今年は開催を断念!という話しがまわり、毎年楽しみにしていたファン達は、どうにもならないモヤモヤした気分で過ごしていました。

ところが!
今年の8耐は、私も大好きなJNCCが主催で開催することになるという素晴らしい展開に!
これは行くしかない!ということで行ってきました!

会場は、JNCCでお馴染み爺ヶ岳スキー場(長野県)。
爺ヶ岳は中央道~長野道で行けるので、西と東のライダーが集まりやすく、駐車場も広いので大きな大会にも適してます。

8耐のレース前日(8月19日 バイクの日)は、箱根ターンパイクの大観山スカイラウンジで開催された「ウェビックカフェミーティング」に参加しました。

大観山は霧が濃かったですが、ライダーがこんなにたくさん集まってましたよ~(これでもほんの一部ですが)

そして、箱根からそのまま爺ヶ岳に向けて出発。

御殿場側から富士五湖道路を経由して、大月から中央道へ。
長野道安曇野INで下り、給油や買い物をしながら爺ヶ岳の会場に着いたのは20時頃だったかな。

後から来た仲間と合流して、テントを設置して・・・
我ながらとてもタイトなスケジュールでした(笑)

今回走った自分達のチームは4チーム。

赤ゼッケンがアイアンマン(1人で8時間)で、私のTE250とフリーライド350。
そしてセロー225とトリッカーが、それぞれ3人1組みで挑みました。

初めてエンデューロに参加する仲間も多かったことと、全員がハードスケジュールだったので寝不足(笑)

おまけに大会主催にとっても初めての8耐とあって、朝は受付~車検(一部のクラスのみ)~ブリーフィング~スタート地点への入場までがかなりタイトでした。

ゲストライダー、ファクトリーチーム、メディアチーム、アイアンマン、その他一般チームというくくりで、エントリー順でスタート地点にバイクを並べていきます。

全部で200チームくらいでしょうか。
入場が終わるまでに45分くらいかかっていたようです。。
カーブしている道の上の方までずーっと並んでます。

私は50番目だったので、並べたのがかなり早いほうでした。知り合いと話しをたり、水を飲んだりしながらまったりとスタートの合図を待ちました。

オフロードとはいえ8耐!

合図の花火と同時に、伝統のルマン式でいよいよスタートです!

私は隣のバイクとの感覚が狭かったので、ハンドルを避けながらコソコソ乗り込みました(笑)

そもそも50番グリッドだったのに、こそこそスタートがけっこう上手に決まってしまい、前回のWEXに続き前のほうの集団に入ってしまいました。。

8時間もあるのでまったり出発したかったのに(笑)

案の定というか、おそらく初めて爺ヶ岳を走った選手達が、けっこうど派手に転倒・接触して吹っ飛んでいました。

とても速くて、腕に覚えがあるライダーだったのでしょうが、1周目で競い合ってかっ飛ばすのは危険ですね。

見るに耐えない痛がり方をしているライダーを数名救助しつつ走りました。

コースの長さや難易度は、JNCC90分クラスと同じくらいか、それよりも少し緩めといった感じでした。

その中でも、初心者にはキツそうなエリアにはエスケープを設けており、優しいコース設定でした。さすがJNCCです♪

私の苦手なウッズ区間。

今回はウッズがすべて下りだったので、ツルツルスタックに苦しむことはありませんでしたが、それでもやっぱり下手クソでした。

どうやったらウッズを自由自在に走れるのだろうか。。

この黒い土のウッズ区間は、先日のWEXでもありました。

けっこう湿っていて滑りやすいのですが、なぜかちょっとウ〇チ臭いので絶対に転んではいけません(笑)

寝不足のアイアンマンだったので無理は禁物。

3~2周走ってはテントに戻って休憩しました。

休憩と言っても、会場で開催されいた流しソーメンを食べたり、食堂でカレーライスを食べたりと、物凄いサボリかたをしました(笑)

だって帰りも運転しなくちゃだし、明日は会社だし、社会人ライダーは体調管理もしなくちゃいけません(笑)

とはいえ、最後の方はヘロヘロになってきます。

コース内に設置された休憩所「オアシス」などにも立ち寄って、冷たい水や氷で熱中症を予防しながら走り続けました。

マーシャル長のオジ様が、「残り1H」と書いたボードを出しました。

8耐だけに、残り1時間と聞くと短く思えるかもしれませんが、1人で走るアイアンマンにとっては関係ありません。まだまだ先は長いのです。

見知らぬお客さん達から「ガンバレー!ガンバレー!」と声をかけられ、不思議と元気が出てきます。

応援の力はすごい。
お客さんから見える区間だけ、2割り増しで頑張れますから(笑)

「これでもう終わりかな?!」と思って戻ってきたら、マーシャル長のオジ様がまたまたボードを出してきました。

いつもの感じで、残り1周を意味する「L1」だろうなと思ってガックリしてたら、「ごくろうさま」と書かれていました。

フィニッシャーズロードには、8耐ならではの大勢のお客さん達が集まってくれていました。

耐久って、お客さん達にとっても耐久ですよね。
ありがとうございます&お疲れ様ですという気持ちでハイタッチを続けました。

仲間のチームも全員無事に完走!

恒例の記念撮影をして、我々の8耐は幕を閉じたのでした♪

みんなお疲れ様でしたー

コメント(全0件)

ハスクバーナ TE250の価格情報

ハスクバーナ TE250

ハスクバーナ TE250

新車 28

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 125.4~148.7万円

132.16万円

諸費用

価格帯 5.5~8.97万円

8.57万円

本体価格

諸費用

本体

106.44万円

価格帯 99~113.89万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 130.9~157.67万円

140.73万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

105.16万円

価格帯 105.16万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

【PR】ハスクバーナ TE250 関連のおすすめ車両 関連のおすすめ車両

ハスクバーナ TE250 の新着車両 の新着車両