MTXRさんのHONDA XR250モタード バイクいじり日記 「WR'Sマフラー装着!」

0000068access

プロフィール

誕生日
2月 28日  
血液型
B型  
都道府県
新潟県  
活動エリア
日帰り範囲、日没不可。 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
初級 

ステータス

日記投稿件数
202件
インプレ投稿件数
49件
MYバイク登録台数
2台
友達
4人
カテゴリ:バイクいじり
(1)
MTXRさん MTXRさん   2017年08月09日

WR'Sマフラー装着!

日記写真
車種名
HONDA XR250モタード
Myバイク
モタモタXR

台風も過ぎ去ったので、届いたWR'Sマフラーを取り付けることにしました。

ノーマルのエキパイ部分と、サイレンサーを中継する「センターパイプ」の接合部分は、付属のガスケット(輪っか)を使用します。

センターパイプとサイレンサーの接合部分は、特にガスケットなどは無く、ここに液体ガスケットを使うかどうか迷ったのですが、製造元のマニュアルに無いので結局、使わずに取り付けることに決定。(早く付けたかった)

この部分は、スプリング2本で固定することになります。

XRの時は、同じ部分をやはり(液体)ガスケット無しで取り付けていて、時間の経過とともに黒ススが出始めましたが、経過観察という事で。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
マフラー  
Chapter 1.

取付けにあたって、写真上にあるフック状の工具がものをいいます。

XRの時はこれが無くて、ひっじょうに苦労しました。
(T字の左側が、フックになっています。)
※この工具は、付属しません

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

まず、ノーマルを取り外す作業から。
写真の〇で囲んだボルト類を外していきます。

なお、黄色い〇のボルト類は、WR'Sを取り付ける際に、再利用します。
(赤い〇は、ヒートガードの取付けスクリューボルトなので使いません。)

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 3.

ヒートガードが外れました。

赤い〇のスクリューボルトを外すと、ノーマルサイレンサー脇にある2か所の引っ掛かりにツメで差し込まれているのみになるので、ガードを前方下方向へ引き抜くと外れます。

けっこう「キュッ」とはまっているので、少し不安になるかも。

次に、エキパイとの接続部分にある、締め付けバンドのボルトを緩め、外してエキパイ側へ移動させておきます。

このバンド、一部分にツメがあって、これを乗り越えないとエキパイ側へは動かせません。(良く観察すれば見つかります。)

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 4.

次に、ノーマルマフラーを固定している、タンデムステップ部分のナットを外します。

両方とも14サイズですが、外す時は外側だけで緩み、外すことが出来ました。

なお、ボルトを一気に抜いたりせずに「手で回せば外せるが、まだナットが噛んでいる状態」を残します。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 5.

手でマフラーを支えながら、残してあったナットを外し、ボルトを抜きます。

マフラーを外側へねじるように回し、往復でねじりながら引き抜いていきます。

私の場合は、ノーマルマフラー側にガスケットがくっついて抜けてくれました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 6.

外れたエキパイの接続部分に、ガスケットが残っている場合はきれいに取り除く必要があります。

きれいにしたら、先にノーマルの締め付けバンドをエキパイに通してから、付属のガスケットを差し込みます。(説明書きには書いてありませんが、ガスケットを変形させてしまわない為にも先に通しておいた方が良いと思います。)

ガスケットを手で押し込むと、ここから先が進まなくなってしまいました。
悩んだ挙句、取り付けるセンターパイプをあてがってセンターパイプごと押し込んでいったら、うまく入っていきました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 7.

差し込み完了。
あらかじめエキパイに通しておいた締め付けバンドを、センターパイプのところまで引き上げます。

引き揚げたら、仮締めして次の工程へ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 8.

サイレンサーにサイレンサーバンドを通してから、センターパイプに接続し、サイレンサーバンドの固定部分と位置合わせしていきます。

スプリングの取付け部分も目安となります。

おおまかな位置が決まったら、サイレンサーバンド取付け部分のボルトを通してナットで止めます。

なお、ノーマルのワッシャーを再利用するのですが、車体とサイレンサーバンドの間にワッシャーが来ます。(最初忘れていて、やり直した)

サイレンサーバンドの固定部分と、エキパイとの締め付けバンドのボルトを本締めします。

ボルト類を本締めしたら、スプリングをひっかけていきます。用意したフックは、写真の様にスプリングにひっかけて引っ張り、取り付けた後に抜きます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 9.

取付け完了!

音比べは、動画を参照して下さい。
個人的には、思ったよりも「うるさく」感じました。

他の方が「鉄製の巨大なマフラーだからこそ、静かに出来る」という記事を目にしましたが、まさにそのとおりだと思います。

肝心な走行はまだですが、軽量化の恩恵も含めて楽しみです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全2件)

NINJA BAKAさん
付きましたねぇ。今度は走った時の楽しみが待っていますよ。
MTXRさん
NINJA BAKAさん、こんにちは。
今日、走ってみました。

正直言って、体感出来るものは「音」くらいですが、低速ほどうるさい気がします。(もともと軽いバイクなので、なおさらかもしれません)

あと、初焼きのためかオイルが熱せられる様な香りが停車のたびに上がってきます。

せっかく付けたのでこのままいきますが、「軽量化したんだ」という自己満足を自分に言い聞かせて楽しもうと思います。

現在のところ、排気漏れは見られず安心です。