きたきつねさん

プロフィール

誕生日
1月 11日  
血液型
B型  
都道府県
新潟県  
活動エリア
東北ほか気の向くまま 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
中級 

ステータス

日記投稿件数
289件
インプレ投稿件数
13件
MYバイク登録台数
11台
友達
34人
(6)
きたきつねさん きたきつねさん   2016年07月25日

パチモンGO!「激レアモンスターをゲットせよ!」たぶん前編

日記写真
ツーリング期間
2016年07月23日 ~ 2016年07月24日
車種名
HONDA CRF125F
Myバイク
ハードアタッカー
走行距離
167km
都道府県
福島県 新潟県

悪友nnm君から電話でお誘いがありました。
nnm:「山へクワガタ取りに行くぞー。バイクを積んで」
俺:「そりゃ、ふつーに林道ツーリングでしょー」
nnm:「クワガタなぞウソにきまっとろーが。ホントはツチノコじゃ」
俺:「チツノコ?なんかエロい感じがするぞい」
などという打ち合わせのふりをしたぐだぐだトークの結果、ツチノコがいそうな奥会津へ出かけることに。
行くぜ、ツチノコゲットだぜ!

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 1.

土曜日。早朝日の出とともにハードアタッカーを積み込んで、出発。
ほかにもキャンプ道具が後ろにぎっしりと。
ツチノコ捕獲道具も用意万端。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 2.

磐越自動車道を移動中、目の前に見覚えあるようなデリカを発見。
今回の参加メンバーのTOMさんではあるまいか。
でも、パッシングして合図しておきながら人違いだったらかなり気まずいです。
しばらく後ろについて尾行しました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 3.

高速道会津坂下I.Cを降りたところで、前を行くデリカにオフ車が積み込んであるのを確認し、TOMさんである確信を持ちました。

停車中にケータイで連絡を入れたところ、なかなかつながりません。車にいるし、着信に気づかなかったかな、などと思っていたところ、しばらくしてウェビ友の「ゆうあい」さんから電話がかかってきました。

その時に、さっき連絡した先が間違ってゆうあいさんにかけてしまっていたことに気づく俺。
恥ずかしさに顔から火が出て、しどろもどろの謝罪を伝えました。

ゆうあいさん、朝っぱらから、間違い電話など入れてしまいごめんなさいです。
奥会津への林道ツーリングだったので、心の奥底ではゆうあいさんをお誘いしたかったのかもしれません。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 4.

そんなこんなでTOMさんとの合流を果たし、今回の集合地である昭和村の道の駅「からむし織の里」駐車場へは予定時間の1時間前に余裕の到着。
駐車場の奥にはげんまさんがすでに到着し、モーニングコーヒーを沸かしてくれていました。

皆さん、到着が早いです。気合がみなぎってますね。

そんな中、いつもは一番乗りのnnm君の姿が見当たりません。すでに山奥でひと暴れしているのでしょうか。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 5.

からむし織の里は、この週末イベント開催があるようで、スタッフの方がテント設営、周辺の整備など大忙しの様子。

駐車場の一角で、カブ80でツーリングしていた青年を見かけたので、気軽にあいさつしてきました。
なんでも、横須賀から来た学生さんだそうで、今日で出発から8日目のキャンプだそう。

明るく朗らかに話す学生さん。そんなフレッシュな姿に、免許取りたての頃の俺を思い出しました。
若人よ、旅のしすぎで俺みたいなやさぐれた野生人になっちゃ、いけないよ。
別れ際に、彼は名刺代わりの草加せんべいを我々3人に配ってくれました。早速ごちそうになりました。学生さんも、いい旅を。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 6.

集合時間になった頃、nnm君のトレーラー付きが到着しました。
なんでも、早い時間に出発して、すでにひとっ風呂浴びてきたという。
nnm君って、ほんとにオフロスキーなんだね。

この道の駅駐車場はこれからイベントでふさがりそうなため、早々に場所を移動しました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 7.

で、やってきたのは人目に付かないとある駐車場。
ここにトランポをずらりと並べて、出撃準備にかかりました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 8.

nnm君はいつもの通り、ガスガスに飲ませるガソリンのカクテルをこしらえています。
混合タンクでカシャカシャ振って、出来上がったやつをタンクにがぶ飲みさせます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
林道  東北
Chapter 9.

ガスガスへの火入れの儀式。
このところ、年式相応にくたびれてきているマシン、簡単にはエンジンが目覚めません。
ガスっガスっと蹴りを入れます。
数回目のキックで、エンジンがけたたましい音をあげて目覚めました。
目覚めし赤鬼。今日はどんな活躍を見せるのか。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 10.

最初の一本目の林道。
フラットダートで、見通しも効くため実に走りやすいです。
道の脇には、ヤマアジサイがさわやかな色の花を咲かせていて、目を楽しませてくれます。
そこに乗っかってせわしなく蜜を集めているマルハナバチ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 11.

アジサイの仲間のノリウツギも、今が盛りと咲き誇っていました。
このルートは、その先の工事のためあえなく引き返しとなります。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 12.

林道2本目。
入り口からやや荒れた感じの楽しそうなルート。
道の荒れ具合だけでなく、草木が茂っていて藪に埋もれつつあり、いつ熊が出てきても不思議ではない環境です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 13.

休憩の時、俺のヘルメットのバイザーにトンボが挟まっていました。移動中に巻き込んでしまったようです。
つまんでとりだしたら、元気よくどこかへ飛び去って行きました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 14.

行けど進めど深いヤブ。
前を進むげんまさんのマシンが見えていません。
路面の状態がわからないので、路肩からはずれて落っこちないよう慎重に進みます。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 15.

赤鬼殿は表情が写っていませんが、この道の荒れ具合にほくそ笑んでいる様子がわかります。
荒れれば荒れるほど喜ぶ男、nnm。たいへんなへんたいです。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 16.

このルートの奥。
ぐちゃぐちゃにぬかるんだ下り斜面に出くわしました。
下手に降りて行って、行き止まりだったら目もあてられないです。
ここはおとなしく引き返しとしました。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 17.

林道わきで見かけた、ドライフラワー化しちゃったカスミソウ。たぶん、収穫しきれずに咲き捨てになったのでしょう。
ここ昭和村は、日本有数のカスミソウの産地として知られています。
それは、高原の涼しい気候がカスミソウの栽培に適しているから。
山奥なのに、あちこちにビニルハウスがある地域です。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 18.

滝が見える展望台のところで、お昼休憩にしました。
遠く山向こうに一筋の美しい滝が見えています。
滝は途中に段がついていて、とても味わいのある眺めとなっています。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 19.

休憩場所にしていた東屋の天井部を見上げたら、湯飲み茶わんほどの丸い物体がぶら下がっていました。
これは、スズメバチの巣の作り始めの状態のやつです。
これがデカくなってくると、一抱えもあろうかというような巨大マンションに成長します。
それにしても、この場所はなんとも涼しい。日陰であれば転寝しそうなほど快適です。やっぱり、高原は違うなあ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 20.

昼食後は腹ごなしにフラットダートを走りに行くことにしました。
林の中をウネウネと進むルート。走っていても気持ちいいですね。
そんな静かな林の中を、ガスガスのつんざくような排気音が轟きます。
その後ろを、大人しくノコノコついていく俺。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 21.

清流に沿って走るこの林道は、ところどころでせせらぎが見えていてその水の美しさに見とれてしまいます。

かつて、ここでバイクごと清流に飛び込んでしまったライダーがいたとかなんとか。nnm談。まじ?どやって脱出できたの?

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 22.

せせらぎの写真を撮っていたところ、不意に足元の岩陰から川に飛び込んで、水中を見事に潜って逃げていった小さな獣の姿。

あまりに突然だったのでシャッターに収めることができませんでしたが、これはまがいもなく「ニホントガリネズミ」の姿。

この辺に住んでいるだろうなとは思っていましたが、間違いなく激レア動物です。画像ゲットできませんでしたが、でっかい感動がありました。
なんて豊かな自然。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 23.

この時期林道わきでよく見かける真っ赤なルビー色の果実「クマイチゴ」。
キイチゴの仲間で美味しい実です。
名前の通り熊の好物で、このイチゴがあるところなら、熊に出会ってもおかしくありません。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 24.

ひとしきり林道を楽しんで、再びトランポを停めた駐車場へ戻ってきました。

みな走りつかれて、涼しい木陰で休んでいました。

そんな樹の幹に、カナヘビがくっついてこちらを見ているじゃないですか。
すかさずカナヘビ画像、ゲットだぜ!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 25.

駐車場から、周囲の遊歩道を散策してみましたところ、木道のど真ん中にぼってりと落ちていた熊の糞。
さすがにお見せできませんが。

この新鮮さから察するに、今朝ほどにはこの辺でうろついていた模様。
この辺の林道でよく見かけますが、こんな近くにあるとちょっとイヤ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 26.

糞のあった場所から、さらに数メートル進んだ場所には熊の爪痕がくっきりと残っていました。

この足跡の近くには、ずっと小さな爪痕もあったことから、親子の御一行様と推測されます。
秋田に出現した伝説の人喰い熊「スーパーK」ならぬ福島昭和村の「スーパーS」?とか。これは、ちょっと、出会いたくないなあ。

一同協議の結果、安全な酒盛りのため、野営地をここから移動して改めて設置することに。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 27.

てなわけで、野営場所を沼沢湖からほど近い場所へと移し、その後車に乗り合わせてやってきました「つるの湯」。
ダム湖を望む、展望の良い露天風呂が自慢で、nnm君お勧めの温泉。
泉質は塩気がある薄く白濁したお湯。
なにかに似てるなー、と考えて思い出したのが「シジミ汁」。
シジミの成分「オルニチン」が効いているのかな。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 28.

ひとっ風呂浴びて、ダートのホコリや汗を流してサッパリしたら、そのまま隣にある食堂でラーメンを注文。
ダム湖を吹き渡る風に涼みながら食べる夕食。
なんて安上がりな贅沢。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 29.

野営地へ戻ってきて、たき火の明かりを囲んで乾杯の音頭。
今回も皆転倒などなく、無傷で楽しんでこれました。
奥会津の豊かな自然と、皆の健闘に乾杯。
きゅーっとあおるビールのうまいこと。くうーっ、生きてるぜ!

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 30.

燃えさかるたき火の炎を満足そうに眺めているnnm君。
今、この絵柄をご覧になっている方は、「なんでこのくそ暑い季節にたき火か」などとお考えかもしれません。

しかし、この場所の夜は標高が高いためとにかく冷え込みます。半袖姿では我慢ならないほどに。
たき火の炎にあたっていると、気持ちいいんですよ。これが。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 31.

各自持ち寄ったツマミを次々と披露し、酒を飲みながら味わいました。
俺は豚バラ串焼きをポータブルグリルでこんがり炙ってみました。脂っこいツマミが、冷酒に合うー。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 32.

宴は深夜まで続きました。
げんまさん、早起きのせいでチェアに座ったまま寝落ち。
夜半に遠くから雷鳴が聞こえてきました。
でも、この辺では日常的なことなので、おそらく夜間に雨は降ってこないでしょう。

11時半頃、宴会を撤収し、明日に備えて各自車内で就寝しました。
(後編へ続くよ)

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全30件)

ゼロハチさん
クワガタ…
いまだに、心が、トキメキますね(^-^)
杉さん
きたきつねさん こんばんは
キャンプとハードアタッカー、明日が楽しみですね。
ツチノコの捕獲?も期待しています。
NINJA BAKAさん
どうして荒れた道の方が嬉しいんでしょう?赤鬼さんは!
nnmさん
これ!
また風評被害のウェーブを立てるんじゃない

次回もあの林道散策行くべし
漢ライムグリーン(OLG)さん
大自然に中でバイクに戯れる!
いいですね。

モンスターボール足りますか?

あはは
チバアヒルさん
後編の、ツチノコ遭遇???...期待します。(^o^)
本田エプ朗さん
コンにちは!
林道で(それいがいでも?)きたきつねさんや赤鬼さんにバイク特訓うけると…いやー!もう勘弁してください!ごめんなさいごめんなさい…っても容赦なさそうですね(笑)
あぁ、気持ちよさ…嘘です。
さらっと山に行けるのがかっこいいですね。
オフロスキーをしってる?
きたきつねさんさすがです!
みゆさん
きたきつねさん、コンにちは♪
またまた凄い所ですね~(-ω-;)
その色んなパワーを少し分けて欲しいです(笑)(*^^)v
滝好きな私ですが、あまり見た事ない様な?
きたきつねさんにぴったりな感じ(爆)
いえ、ステキな滝ですね(#^_^#)
パンダさん
きたきつねさん(。・ω・)ノ゙ コンバンワ!

TVを持っていない私でも知ってますよ~、ポケモンの事。(^ω^)
ラジオのニュースで聞いたんですが、今スゴイみたいですね~。

正直「(;-ω-)=3 イイオトナガ」と思っていたので、タイトルを見て
「えっ!?まさか、きたきつねさんも?Σ(・ω・;)」と思ったのですが、
いつもの様子だったので安心しました。(。^ω^。)

今回のツーリングは、以前nnmさんが日記で言っていたものでしょうか。
後編のキャンプも楽しみにしています!v(。^ω^。)v
きたきつねさん
ゼロハチさん:コンばんわ。今回の日記にクワガタが登場してませんでしたが、現地へ到着した早々にミヤマクワガタの小さいヤツを見つけました。頭のでっぱりがなんともかっこいい。奥会津はクワガタの宝庫ですよ。
きたきつねさん
杉さん:一日目は特に大きな盛り上がりもなく、おっとり林道ツーリングとなりました。その分、森の動物や草花に目を向けるゆとりが持てましたが。
「ツチノコ」後半の部でツチノコっぽい何かが登場しますよ。
きたきつねさん
NINJA BAKAさん:不思議なことに、赤鬼軍曹だけでなく、皆荒れたルートに興奮冷めやらぬ様子。これはまさに大人の障害物競走です。走るほどにくたびれますが、その分晩酌がうまくなります。
きたきつねさん
nnmさん:これは風評にあらず。事実です。俺はウソつきにあらず。ホントつきなのですよ。
一日目のルートは通り抜けできないところが多かったけど、まだまだ未開拓地区であったことがわかったよ。これからの楽しみが残るというもの。
きたきつねさん
OLGさん:コン回、カワサキ車が2台参加。グリーンライダー増加中です。KLX125を試乗させてもらいましたが、軽くて扱いやすい特性に感心しました。
モンスターボール:ウチのハムスターを入れて部屋の中を散歩させる「ハムスターカプセル」がそれによく似ている感じです。部屋の中をカプセルに入ってゴロゴロ走り回る姿に、ウチの子たち大喜び。
きたきつねさん
チバアヒルさん:「後半のツチノコ捕獲」新潟県糸魚川市はツチノコで地域興しに取り組んでいることで知られています。なんでも、ツチノコに一億円の賞金を出すとか。宝くじの「ジャンボリアン(7億円)メカ」は購入できませんが、一億あったら使いでがありますねー。
後半編のラストに、衝撃的(笑劇的?)結末が!こう、ご期待。
きたきつねさん
本田エプ朗さん:俺もたいした腕は持ち合わせていませんが、自称ビギナーのげんまさんにアドバイスなどさせてもらってます。エプ朗さんも参加してみては。
「オフロスキー」ウチの子たちが見ていたNHKの子供バラエティーでよく知ってますよ。ヒマさえあれば風呂に入り浸っている、ピンクのツナギ姿の謎のにいちゃん。
いまのnnm君こそ、オフロスキーさ。赤鬼だから頭に角生えてるし。
きたきつねさん
ミルキーさん:コンばんわ。すごいところばかり走っている、すごいおっさんたち。こんなすごい道が未舗装のまま残されている福島は、オフロードライダーの聖地です。何度来ても楽しいですよ。
滝:なんという名前の滝だったか‥後でマップ見たけど、名前が載っていませんでした。隠れた名瀑なのかもしれません。遠くからしか見れないけれど、風格ある流れを見ているととても気持ちが落ち着きます。
きたきつねさん
パンダさん:うふふ・・ポケモンにあらず、パチモンです。
ウチのセガレもポケモンをダウンロードして捕獲に頑張っているようですが、そんなバーチャルな世界ではなく、大自然に飛び出せばそこには珍しい生物との出会いがたくさんあるんだよという意味で、あえてこんなふざけたタイトルにしてみました。
「今回のツーリングは、以前nnmさんが日記で言っていたものでしょうか」そです。それです。久々のオフなので、彼は張り切ってましたよ。
おー(山に住む人) さん
植物や動物、昆虫に爬虫類、鉱石など、きたきつねさんの知識は半端ないですね。いつも驚かされてしまい、もはや尊敬の眼差しで日記を見ています(^^)
山を走り、自然と触れ合い、温泉、夜の宴とフルコースですね!
日ごろのストレスも吹っ飛びそうです。

今年になりクマの目撃情報をよく見ます。
流行りネタならいいのですが、動物の異常行動は何かの前触れなのでちょっと怖い気がする今日この頃です。
Ref(Referee)さん
きたきつねさん、こんばんわ。
新潟のトランポ軍団が会津へ奇襲攻撃ですか!!
トランポ良いですね。こっちからだと会津まで320kmもあるので、還暦爺さんにとって自走後にアタックなど無謀な世界です。(着々とトラ化中)

熊は勿論ですが、スズメバチや山ビルもイヤですね。私は居そうなエリアに入らないか、アクセル開けて突っ切ります(ゲロトレは向いてません、笑)。
きたきつねさん
おーさん:好きこそもののなんとやらで、野山のものはいろんなことを覚えてしまいました。それぞれ図鑑とかで観ているだけでは理解できるものでなく、やはり現地での出会いが大切ですね。
こんな山奥で遊んでいれば、日常のストレスが消えていくのが実感できます。あと、ストレス解毒剤には日本酒でしょうか(笑)
熊:今年の出没件数は記録的なようです。でも、必要に怖がることもないかな、と俺は思っています。
きたきつねさん
Refereeさん:俺とnnm君の影響で、ほかのメンバーもトランポスタイルになってきました。やはり遠隔地での林道アタックでは安心感が違います。
あと、野営時にトランポでの車内泊ができるのもありがたいです。特に、熊が出るような場所なので。
MugenRSさん
寒くなるのわかります。
昔、久住山で8月にキャンプして凍えましたから(笑)
レアモン、ゲットだぜって感じですね。
キム(morph)さん
きたきつねさん、どうも!
わぁ、熊もですがまたマムシに噛まれそうな場所を走ってますね。(笑)
私も今回は予想外に林道を走りました。
その模様は後日、日記にて。(爆)
きたきつねさん
MugenRSさん:ちょうど、この時期北海道ツーリングでオホーツク沿いの海岸でキャンプしたときもこのくらいの冷え込みで、さらに濃密な海霧で覆われたため装備がびしょぬれになったものです。
山へ行くときは、大げさかと思うくらいの服装も用意しておいて損はないですね。
レアモン:数年に一回しか出会えないような激レア生物が次々に登場する奥会津。
次こそツチノコを押えたいです(笑)
きたきつねさん
キムさん:キムさんの日記も拝見しました。果敢に林道へ挑戦されたんですね。これは、また今度の機会にご一緒しましょう。
熊:さすがの熊も、越後の赤鬼のダークオーラに恐れをなして姿をくらませたようです。
ごまさん
道の駅「からむし織の里」では、
妖精の「からむん」ちゃんに会えましたか?

自然の中を走る・・・気持ちよさそう!
きたきつねさん
ごまさん:「からむん」よくご存じですね!イベント会場に来ていたようで、nnm君が見かけたといっていました。なんか不思議な感じのマスコットです。
高原の原生林の中を駆け回っていると、涼しくって気持ちよかったですよ。
ゆうあいさん
なるほど、あの時の電話はこういう状態だったんですねー。
今頃納得して申し訳ありません(笑)。

会津へは何度も行っていますが、こちらの方面はまだ全然行ったことがないですね。
八十里越えR289は走ったことがありますが・・。

いつか福島の林道もMD16で走ってみたいです。
きたきつねさん
ゆうあいさん:その節はお騒がせいたしました。この日記に書いたとおりの状況でした。
昭和村方面はあまり探索していなかったんですが、今回のトレッキングでいくつか楽しいルートを見つけることができました。そしてなにより、森の動物との思わぬ出会いがあり、わくわくしっぱなしの2日間でした。

ホンダ CRF125Fの価格情報

ホンダ CRF125F

ホンダ CRF125F

新車 2

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 34.02万円

34.02万円

諸費用

価格帯 ―万円

1.62万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 34.02~37.26万円

35.64万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す