0012856access

1495718714894M.jpg

プロフィール

誕生日
12月 28日  
血液型
O型  
都道府県
福岡県  
活動エリア
福岡・熊本 
ライダースキル
中級 
乗車頻度
頻繁 
整備スキル
上級 

ステータス

日記投稿件数
6件
インプレ投稿件数
0件
MYバイク登録台数
5台
友達
0人
(1)
ぞのさん ぞのさん   2015年09月23日

Today(AF67) プーリー,ベルト,クラッチAssy交換

■車種名
HONDA トゥデイ
■Myバイク
Today
■走行距離
27597km
■難易度
中級
皆さん、おはこんにばんわ!
今回はクランクケース内の整備をやっていこうと思います!

【必要なもの】
・ボックス各サイズ
・エクステンションバー
・トルクレンチ
・ユニバーサルホルダー
・L字金具(サイズは20×20×2程がベスト)

【部品】
・カバーガスケット (11395-GFC-900) 
・ムーバブルドライブフェイス(プーリー)  (22110-GFC-900)
・ウェイトローラーセット (22123-GFC-900)
・ドライブベルト (23100-GFC-890)

クラッチシュー交換される方
・クラッチスプリング (22401-GBY-960×3)
・クラッチウェイトセット (22535-GBY-306)
・クラッチアウター (22100-GAZ-930)
※今回の交換は非常に部品点数が多いため、一部の部品のみ記載にしています。
また、当車両はAF67-110…の車両なので、それ以外の車体番号だと部品番号が違う事があります。

まず、丸印のボルトを緩め、カバーを取り外します。

次にドライブフェイスを取り外しますが、この車両はピンタイプのユニバーサルホルダーが使えず、わざわざツメタイプを買うのが面倒(高いし)なので、先人の知恵を借りて、ホムセンにあるL字金具で代用!
大体5、60円程で買えると思います。

写真2の様に金具を噛ませるとナットを緩める事が出来ます。

ナットを外したら、ワッシャーとスターターラチェット、フェイスを取り外します。

クラッチ側はピンタイプユニバーサルホルダーを使い取り外します。
見切れていますが、写真4のように地面に当たるようにすると、片手が空くので良いかもしれません。

ナット、アウターを外したらクラッチAssyとベルトを外し、プーリーとボスを取り外します。

なお、プーリーを取り外す時はランププレートを抑えながら外さないと、ローラーが散らかるかもしれないので気を付けてください。

全ての部品を外したら、ついでなのでケース内をエアーやウエス等で綺麗にしておくと良いでしょう。

新旧比較1

プーリーは上側にちょっと触って分かる程度の(凝視すれば見える)段が付いている感じでした。
ウェイトローラーに関しては、目視で段が確認できるレベル。

クラッチは左が新品、右が使用済みです。
シューのみ交換ではなく、KN企画より販売しているAssy(グリス付き)を使用。バラでリフレッシュするより安価でした。

なお、クラッチシューのみ交換される方は、クラッチロックナットレンチ&クラッチコンプレッションツールを使用して交換となります。

新旧比較2

ベルトは磨耗している上に汚れまくっていて、これ滑りまくってたんじゃ?と言うレベルに汚かったです(笑)

ドライブフェイスもついでに交換。
※他にもランププレート、スライドピース、ボスも交換しました。

ここから組み付けに入っていきます。

まずプーリー&ローラーですが、使用するローラーには向きがありますので、写真のように回転方向とは逆側(遠心力により押さえつけられる)にストッパーが来るようにします。
社外品などで、ストッパーが無いものがあるそうですが、その時はどの向きでも良いそうです。

なお、ローラーにはグリスは塗りません。
※マニュアル明記

ローラーを入れたらプレートをはめます。
ちなみに、プレート&スライドピースは新品に交換しました。
使用済みはピースがガバガバで押さえないとすぐ外れてしまっていたので、念のため買っておいて良かったです(汗)

クラッチ側は、手前のドリブンフェイスを右に回しながら手前に引くとフェイス間が広くなるので、その時にベルトを取り付けます。

このとき出来るだけベルトを押し込んでおかないと、プーリー取り付けが出来ないorプーリー側のナットが最後まで締め付け出来ない等の原因になるので気を付けてください。


※ちなみに、写真ではちょっと浅かったのでこのあと更に広げてベルトを奥まで入れました。

クラッチ(アウター)&プーリー(ラチェット、ワッシャ)を元の通りに取り付けたら、トルクレンチを使い締め付けます。
なお、プーリー側は写真16のように下側に金具を置いて締め付けます。

クラッチ側:39N・m
プーリー側:59N・m
注:プーリー側はネジ部と座面にエンジンオイル塗布

ナットの締め付けが終わったら、カバーを取り付ける前にエンジンを掛けて試運転をします。
特に異常が無ければ、カバー(必要であればカバーガスケット交換をして)を元通りに取り付けて完了です!

友人に家まで持ってきてもらった時はフルスロで50km/hも出なかったそうですが、交換後はリミッターまで出るようになりました!

プラグなども交換しているので、どこがダメだったのかは定かではありませんが、恐らくベルトやローラーの磨耗が主な原因ではと思います。

なんにしてもこれでまた元気に走れるぞ!


なお、この日記を見ての作業で起きた事故・故障・破損についての責任は取れないので自己責任での作業をお願いします。
  • 都道府県:
  • -
  • 関連サイトURL:
  • -

コメント(全0件)

ホンダ トゥデイの価格情報

ホンダ トゥデイ

ホンダ トゥデイ

新車 0

価格種別

中古車 66

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

8.32万円

価格帯 5~12万円

諸費用

1.91万円

価格帯 1.55~2.07万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

10.24万円

価格帯 6.55~14.07万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す