アクエリオンの本編

0000241access

プロフィール

誕生日
3月 22日  
血液型
A型  
都道府県
広島県  
活動エリア
中国地方 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
355件
インプレ投稿件数
100件
MYバイク登録台数
3台
友達
20人
カテゴリ:近況
(0)
べるさん べるさん   2007年11月16日

アクエリオンの本編

車種名
HONDA X4
Myバイク
後輪出力180馬力カスタム

 見ました、アクエリオンの本編(笑。
 いや、面白かったです。見始めたら、止まらないで、全話一気に見てしまいました。
 一部残念に思う部分もあるのですが、それも含めて感想書かせていただきます。
 第一話から、止まる事無く、ノンストップで物語が進行していきます。 飽きませんし、心地よい程の、主人公側の熱さと、敵側の涼しさを感じます。 見て、いきなり作品の中に引き込まれました。
 特に、エリート意識のある候補生の中に、獣としか思えない主人公が入り込み、才能と破天荒な思考と行動で、エリート達を引っ掻き回す、、、という始まり方は、見ていて非常に爽快でした(笑。 それだけに、「仲間」として認識された中盤からは、少し主人公の「獣」がトーンダウンして残念ではありましたが、物語が主人公の獣を表現する為にあるものでは無い為、それは仕方が無でしょうね。
 また、所々、適度に容赦無い場面がありまして、これが良かったです。 やり過ぎると、見ていて苦痛になりますし、甘いと見ていて温く感じてしまいます。 この当たり、非常にバランスが取れていました。
 登場キャラも、多いわりに、個性が別々で判別しやすく、物語の内容も、説得力があり、一々、展開や行動に納得させられ、不自然に思う部分がありませんでした。 これは、絵と動きの迫力や、音楽などの効果もあるのかも知れませんが。
 さて、しかしながら、全て手放しで良かったとは思いません。
 残念な部分も、少しだけあります。
 この主人公、特別です。 他のキャラとは圧倒的に違う宿命を持っています。
 しかし、その宿命の為に、圧倒的な何かが起こるような展開はありませんでした。
 「敵と戦うチームに入る」「ヒロインとくっつく」「最後の戦いに先頭に立って望む」と、この三つの為だけに使われました。
 確かに、この三つに対する「説得力」という部分においては、大いに貢献しましたが、この三つは、主人公ならどの物語でもこんな展開になるでしょう。
 特に、物語が、主人公の宿命が柱になっていただけに、とても残念です。
 最後の戦い内容にも、決着にも、とても納得できたのですが、それでも、もう一押し、足りない気がしてなりません。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全0件)