0000290access

コメント

購入動機・用途・比較車種 VFR800Fに乗っていましたが、重量に耐え切れず半年で売却。
次は軽量なバイクで、ツーリングも苦にならなくて、できればフルカウルという条件でいろいろレンタルした結果、2019モデルのCBR400Rに白羽の矢が立ちました。
ちょうどモデルチェンジがあることを知っていたため、発表を待って2022モデルを契約しました。

比較対象
・CB400SB
・CB650R
・CBR650R(予算と足つきが許せばこっちだったかも)
・Ninja650
・SV650
長所・満足な点 事前に2019モデルにレンタルで試乗し、非常にいいフィーリングで気に入ったため購入。
2022モデルから倒立Wディスクになったことでかっこよさが向上。
スロットルを開ければほしいパワーがすっと出てくれる。過剰過ぎないパワー感がいいと思います。
クラッチもずっと握っていてもあんまり疲れないので、アシストスリッパークラッチは優秀ですね。
あとは重すぎない車体でしょうか。(VFR800F対比なので参考にならないかもしれませんが)

2022/6/7追記
GWに長距離走ってみましたが、多少腰が痛くなる程度でそんなに苦しくなく走りぬくことができました。
腰が痛くなるのはセパハンの宿命と自身の体の問題(手術しているので)なので誤差かと。
短所・不満な点 ハンドルの振動は少し気になるかな程度。バーエンドを変えてもそこまで変化なし。
ハイスクリーンに交換しましたが、軽減効果があまり感じられていません。
メーターで表示できる情報の選択肢が微妙。
燃費情報なんて気にしないので、ODOとTRIPが同時表示できたらなあ。せめてデジタルタコメーター。理想はODOと気温ですが。

2022/6/7追記
GWに愛知までツーリングに行ってきたのですが、ステップがラバーなしに変わったために足に伝わる振動が多くしびれてしまいました。
長距離をよく乗る方はラバー付きの旧型のステップに交換するのがよいと思います。
また、すでに1500km走行(すべて下道)していますが、フロントブレーキの利きがほんとにWディスク?というくらい弱いです。下手すると旧型のシングルより弱いかも。
大型基準で期待してはだめですかね。
これから買う人へのアドバイス すごく乗りやすいため、ビギナーからベテランまで楽しめるのではないでしょうか。
トルクで走るバイクなので絶対的なパワーはないかもしれませんが、街中では必要十分です。
400は車検がありますが、250をノーメンテで乗り回して壊すよりはいいと思います。
今後のカスタムプラン マフラー
もしかしたらフェンダーレス

ホンダ CBR400Rの価格情報

ホンダ CBR400R

ホンダ CBR400R

新車 7

価格種別

中古車 65

本体

価格帯 80.85~84.15万円

83.2万円

諸費用

価格帯 7.86万円

6.95万円

本体価格

諸費用

本体

62.02万円

価格帯 19.8~99.8万円

諸費用

4.28万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 88.71~92.01万円

90.15万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

66.31万円

価格帯 32~97.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー HONDA
バイク車種 CBR400R
年式 2022 年式
排気量 399 cc
購入/試乗時期 2021/12/26
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 下道ツーリング
こんな人にオススメ 初めてのバイクに
特にここがすごい 燃費が良すぎる

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 95点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング