0000354access

コメント

購入動機・用途・比較車種 スズキ400CCは対象無し。ヤマハ対象者無しSRネーキットだがロングには不向き。
最終的にCB400SFとCB400SBでの選択肢
街乗り、ロングツーリング、キャンプなど全てを満たすなら、250は不足で7大型は不向きなのとドライブ技術が不安。なので、400CCにした。
長所・満足な点 見た目は完璧でカッコイイ。走りは、ゆったりとした走りから、激しい走りまで全て適応できるバイク。初心者の運転からベテランまで満足できる。
250は高速やキャンツーではパワー不足や疲れるが、大型はそれなりに扱いが難しい。400は両方を満たしてくれるのと、CB400は大型に近いパワーと性能を持っているスペシャリティーバイク。それと、やはりエンジン音は乗った人しか解らないホンダミュージックとVTECは物凄く魅力的。
使用用途は街乗り、キャンツー、ツーリングに登山。
全てを満たして、乗って楽しいバイクを探すとCB400にたどり着く。
短所・不満な点 エンジンのパワーや音が魅力的なので、スタートで回転を上げてしまったりする。
これが気持ちが良いが、ガソリンの消費は大型車レベルになる。15~20キロ
都心部の街乗りは燃費は期待できない。
ただし、田舎道を60キロ程度や高速を80キロ巡行なら30キロ近い燃費はたたき出す。性能と装備は確かなバイクですが、価格は大型と変わらない。
これから買う人へのアドバイス 中型の初心者の方に。CB400は教習車ですが市販車は仕様が違います。教習車は低速トルクがメインでダルイ走りになっておりVTECも付いていません。実際より10馬力程度は劣るようですが、販売されているCBは別物です。教習所と同じ感覚でアクセルを回せば、事故りますので、それを理解してください。市販車を教習車で使えば、生徒が事故ると教官は言ってました。

このバイクは優等生と言われていたり、クセが無いバイクと言われたりしますが、
確かにその通りですが、初心者でも乗れて、ベテランでも楽しめるバイクはCBだと思います。その理由は優しくも、険しくも運転者の能力によって発揮するバイクだからです。なので、長く乗れるのと、CBはCBに乗り換える人が居ると言いますが
これに乗るとそうなるかも知れません。

それと、SFとSBの選択肢に悩む方にアドバイスします。バイクとしての総合的に評価や取扱はSBが優れています。その理由は、カウルがあるバイクはツーリングや高速でのメリットは大きいです。それと、車体にメーター類が付いているのでハンドルが軽く、取り回しがしやすいです。小物入れも便利。
SFは、昔ながらのネイキットが好きという方以外はSBのがお勧めです。
ややSBは高いけど、ETCとハンドルヒーターは標準装備。
今後のカスタムプラン

ホンダ CB400スーパーボルドールの価格情報

ホンダ CB400スーパーボルドール

ホンダ CB400スーパーボルドール

新車 0

価格種別

中古車 107

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

117万円

価格帯 49.8~178.8万円

諸費用

万円

価格帯 3.56~10万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

112.83万円

価格帯 59.8~182.36万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー HONDA
バイク車種 CB400スーパーボルドール
年式 2022 年式
排気量 399 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 昔乗っていたバイク

このバイクの特徴

最適な用途 高速ありのツーリング 1泊2日
こんな人にオススメ 初めてのバイクに
特にここがすごい サウンドが心地よい

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 98点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング