0000173access

コメント

購入動機・用途・比較車種 あこがれのCPエンジン XSRとMTに的を絞りMT-09を選択しました。
長所・満足な点  エンジンパフォーマンスのモード切替があります。
Bモードは雨が強く急激なトルクがかからない様に気を遣う場面で使用、スタンダードモードは通常時、Aモードはアクセル入力に対する過剰反応が強く使う場面は私の場合にはありません。
 初期型はこのモードの変化が顕著だと言われていますが、他と比べていないので判りません。
 サスペンションが柔らかいとも言われますが、バイクの挙動を理解しこれをスムースに走らせることができれば、大概のハイパフォーマンスモデルも乗ることが出来ると思います。軽くて力が有り長距離でも疲れの少ないバイクだと思います。
短所・不満な点 ノーマルシートの場合、皆さんお尻が痛くなると言いますね。
私の場合には2時間程度で痛くなります。
ただ、シートがほぼフラットで前後に長いのでずらすと少し解消されます。
2021/10/30 コンフォートシートを導入しました。
しかし、足つき性がかなり悪くなるので、56のSP用シートにしました。滑りにくく、足つき性もノーマルと変わらないので、非常に快適になりました。
これから買う人へのアドバイス 初期型はスロットルボディの汚れが蓄積することによって不調となる事があるそうです。定期的に清掃や燃料添加剤を入れてあげると良いと思います。
今後のカスタムプラン

ヤマハ MT-09の価格情報

ヤマハ MT-09

ヤマハ MT-09

新車 36

価格種別

中古車 87

本体

価格帯 110~126.5万円

115.95万円

諸費用

価格帯 ―万円

6.06万円

本体価格

諸費用

本体

85.97万円

価格帯 54.8~126.5万円

諸費用

5.45万円

価格帯 3.3~6.2万円


乗り出し価格

価格帯 110~135.94万円

122.02万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

91.42万円

価格帯 61~129.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー YAMAHA
バイク車種 MT-09
年式 2014 年式
排気量 850 cc
購入/試乗時期 2021/07/18
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 下道ツーリング
こんな人にオススメ コスパを重視する人に
特にここがすごい アフターパーツがとても豊富

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 90点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング