0000501access

コメント

購入動機・用途・比較車種 SC57のコーナーリングがバイク任せという感覚が馴染めず、SSはコンパクトであるべきとういう信条に従い乗り換えを決意した。(要は使え倒せていなかっただけ?) 用途は相も変わらずの自分磨きの峠専用マシン。 しかし、国内仕様を買ってしまったため、随分と弄る羽目になった。
長所・満足な点 ・軽量でコンパクトなボディ(これが一番の売りだと思う)
 ⇒NSR250で使っていたバイクカバーがそのまま使用できるサイズです
・2000rpmも回っていれば全然ギクシャクしないドライビリティーの高さ
・もう12年経つがバッテリー以外の電装を一度も交換したことが無い
・峠も走れるツーリングバイクとしては非常に良く出来ている
短所・不満な点 ・国内仕様はフルパワー化にECUとファンネル、マフラーにキー交換が必要
 ⇒キーは盗難防止でECUとセット交換が必要
・また、輸出用ECUに変更するとO2センサーのエラーが出るのでキャンセラーが必要
・ギヤのワイドレンジを補正するのにリヤスプロケを41T⇒43T⇒45T⇒48Tと下げた  結果、チェーンも525サイズに交換した(530は標準で46Tまでしか無い)
・騒音規制対応でエンジンの周りにカバーや防音材がてんこ盛りしている
・カウル類の取付、取外しが面倒(付けるのを諦めたパーツあり)
・色々な所で安く作ろうと努力?しており、所有感が乏しい
・クラッチがたまに引っかかるような感触がある(スリッパークラッチのせい?)
これから買う人へのアドバイス 峠で乗るのなら国内仕様より高くても輸出仕様、又は後期モデルが良い。(後期はミッションが輸出仕様と同じになった) 逆にツーリングで使用するのなら、ワイドレンジの前期モデルの国内仕様はベストと言える。
今後のカスタムプラン 現状維持。 結局、何だかんだ弄ってしまい現状には満足してます。

ホンダ CBR1000RRの価格情報

ホンダ CBR1000RR

ホンダ CBR1000RR

新車 2

価格種別

中古車 48

本体

価格帯 295.9万円

295.9万円

諸費用

価格帯 16.88万円

16.88万円

本体価格

諸費用

本体

122.36万円

価格帯 83.6~201.9万円

諸費用

9.93万円

価格帯 10.54~16.2万円


乗り出し価格

価格帯 312.78万円

312.78万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

132.29万円

価格帯 99.8~212.44万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー HONDA
バイク車種 CBR1000RR
年式 2008 年式
排気量 1000 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 ワインディング
こんな人にオススメ 初めての大型バイクに
特にここがすごい 高速道路を速く、楽に移動できる

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 75点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング