2022年12月13日(火曜日) 午前 2:00~7:00の間、システムメンテナンスのため会員ログインが行えません。
期間中、コミュニティ機能のご利用は日記の閲覧のみ可能です。

0000021access

コメント

購入動機・用途・比較車種 アフツイで林道を走るグループにKLX250で参加していたところ、たまたま手放す方が居て購入に至りました。
長所・満足な点 アドべンチャータイヤを履かせるだけで、オフ走行もオン走行も出来るスーパーデュアルスポーツとして使えます。
埋まるようなマディやアクセルターンが出来ないタイトターンでの取り回しは辛いですが、その他はモトクロスコースでもエンデューロコースでも割と素直に走ります。
林道でもフロントヘビーな為か兎に角乗りやすい為、私の周りでは林道初心者でも上手く乗り回す方が多いです。(恐怖心で開けられず、ガチガチに固まる人は重さから乗りづらくなります。)
短所・不満な点 重いので取り回しが出来ない方には苦に感じると思います。
ライトが暗いのでツーリング時にはフォグが欲しいと良く感じます。
未舗装路では立ちごけでもケースが割れる可能性があるので、最初からガード類は付けた方が良いです。
2016~2017年式はステップステーが鋳造品の為割れやすいです。未舗装路走行してる方でよく割っている方がいます。
純正のパニアの構造が弱いです。
高速では90km/h以下の燃費が良いので、速度控え目に乗る傾向があります。(他のアドべンチャーバイクも一緒とは聞いていますが。)
タンク形状が横に大きい為、オフでは股が開いて不安定になります。
これから買う人へのアドバイス オンツーする方ならオフ寄りのサスで良いかは試乗された方がいいと思います。購入後に違うと思ったらロード寄りにサスセッティングすればそこそこ走ります。
ハンドルが高いのでオン・オフに限らず取り回しが大変です。多少の筋肉は必要になります。
林道走行は決して苦なバイクでは無いです。心配なら是非オフロード系のイベントを探してみてください。練習出来る場はいくらでもあり、砂埃を上げながらリアを滑らす程度なら割とすぐ出来るようになります。
今後のカスタムプラン

ホンダ CRF1000L アフリカツインの価格情報

ホンダ CRF1000L アフリカツイン

ホンダ CRF1000L アフリカツイン

新車 0

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

118.49万円

価格帯 89~149.49万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

117.86万円

価格帯 93.8~148.65万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー HONDA
バイク車種 CRF1000L アフリカツイン
年式 2016 年式
排気量 998 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 オフロードレース
こんな人にオススメ アドベンチャー初心者に
特にここがすごい 本格的なオフロードも走破可能!

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 0点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング