0000122access

コメント

購入動機・用途・比較車種 Yamahaのドラッグスター400からの乗り換えです。
ドラッグスターでバイクの面白さを知り、中免取得後2ヶ月以内にドラッグスターを購入しその1年後には大型免許を取得しました。

大型教習中にはすでに次の車両を探していました。

候補としては同じアメリカンっぽいYamahaのV-maxとSUZUKIの隼が候補に上がっていましたが、モーターサイクルショーで跨がらせてもらった瞬間にびびっときました。

他のバイクにはない、流線形のきれいなフォルムと大柄な自分にも負けない迫力がとにかく最高です(鈴菌発症)
長所・満足な点 ・180cmからするとかなりゆったりとした乗車姿勢
・有り余るくらいのパワーがあるため、高速走行は自分の好きなペースで走ることができる
・同系統のバイクと比較すると思っている以上に車高は低く感じる
・タンデムシートも比較的広いため、キャンピングバッグもキャリアなしでも搭載出来る(低速で走れば道志の森の山の中もなんとか走っていけるのでキャンツーもできる)
・普通に取り回すのは大変だが、跨って移動出来るなら思ったほど苦ではない
・カスタムパーツも国産のいいものから中華製品など多種多様なため、パーツ選びに困らない
短所・不満な点 ・立ちごけしたときのダメージが大きい(引き起こしが大変、カウルが割れる、傷がつく)
・カウルが割れると修理費が高くつく(エンジンやフレームをカウル守ってくれたと考えると安上がりだが、サイドパネル(隼と書いてあるところ)が1枚7万くらいするのでなかなかの出費)
・カウルの取り外しが寄木細工並にむずかしい(慣れるとそこまでではないらしいが)
・夏場股下が大火事になる(普通のジーパンを履いていると脛あたりが少しやけどしている)
・クラッチが激重い(下道の渋滞にハマると左腕が死んでしまいます)
これから買う人へのアドバイス 今年20年目のSUZUKIのフラグシップ機

全年式を通して様々なカスタムパーツが色んな所で発売されているため、上を見たら簡単にうん十万とんで行きそうなくらいカスタムのしがいがあります。

長所にも記載していますが、有り余る馬力は高速走行で余裕を生んでくれるため、他の車に影響されず自分のペースで走ることが出来ます。

また、オフロードバイクではないので、舗装されていない路面はかなり気を使いますが、ゆったりしたタンデムシートや、リアキャリアもいろんなメーカーから出ているため、積載能力もかなり高く、キャンプツーリングや数日分の荷物なども余裕で載せる事ができるので旅の友にもおすすめです。

新型の発表もありましたが、少しでも興味があればぜひ試乗だけでも試してみるのもおすすめです!

※2021/4更新
新型に乗り換えるために売却
綺麗に乗っていたおかげもあり、3年間で16,000km走って105万円で買い取っていただけました。
今後のカスタムプラン

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 198

価格種別

中古車 74

本体

価格帯 198~222.2万円

216.2万円

諸費用

価格帯 1.87~8.75万円

5.63万円

本体価格

諸費用

本体

123.21万円

価格帯 52.25~201.5万円

諸費用

0.72万円

価格帯 2.99~4.96万円


乗り出し価格

価格帯 199.87~230.95万円

221.83万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

123.94万円

価格帯 55.24~206.46万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー SUZUKI
バイク車種 HAYABUSA
年式 2017 年式
排気量 1300 cc
購入/試乗時期 2017年5月
走行距離
燃費
バイク保有状態 昔乗っていたバイク

このバイクの特徴

最適な用途 高速ありのツーリング
こんな人にオススメ フラッグシップを所有したい人に
特にここがすごい 高速道路を速く、楽に移動できる

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 80点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング