0003832access

カスタムポイント

マフラー TRICK STAR トリックスターレーシングスリップオンマフラー IKAZUCHI
AKRAPOVIC アクラポビッチe4仕様 スリップオンラインマフラー
AKRAPOVIC アクラポビッチ【補修・オプションパーツ】ヒートシールド
AKRAPOVIC アクラポビッチ【補修・オプションパーツ】ヘッダーパイプ
TRICK STAR トリックスター政府認証 スリップオンマフラー IKAZUCHI(イカヅチ)
ブレーキパーツ
クラッチ
ハンドルまわり DAYTONA マルチバーホルダー マスターシリンダークランプフラットタイプ
ステップ
ラジエーター ETCHING FACTORY エッチングファクトリーラジエターガードSB
オイルクーラー
サスペンション OHLINS オーリンズリアサスペンション
ホイール
車体回り J-TRIP Jトリップ ジェイトリップ : アルミ製スイングアームフックボルト JT-107D
外装 純正オプション 大型スクリーン スモーク
2021年式 カワサキ純正左右MIDカウル ディアブロブラック
ランプ類
点火系パーツ
スプロケット・駆動系 DID ZVM-Xシリーズチェーン 525ZVM-X シルバー
SUNSTAR フロントスプロケット 商品番号:428-16
KAWASAKI 純正ZX10R 2006~7年式 リアスプロケット 40T パーツNO.42041-0065
キャブレター・吸気系
エンジン
メーター類
アクセサリーパーツ DCソケット USBタイプ
カワサキ純正OP エンジン・アクスルスライダー
DAYTONA バイク用スマートフォンホルダーWIDE クイックタイプ形状

コメント

購入動機・用途・比較車種 20年以上の相棒の1999年スポーツスターXL1200Sが故障入院中で、いつ治るかが?
たまたま他店バイク屋さんでハヤブサ・ZX14Rに浮気心・・・
何故かNINJA1000SXを試乗もせず、その日に衝動買い!(妻激怒!!)
今年から最新装備満載が一番の魅力と価格
(バイク好きの友達がこのスペックでこの価格は安いよと言っていたのも思い出し)
長所・満足な点 ・今までの電子制御の他、グリップヒーター、クルコン、クイックシフター等の装備が2020年モデルより沢山装備が付いた。
・個人差はあるが思ったより取回しが楽だと思う。(このバイクを重すぎると思うなら他のバイクを探した方が良いです。)
・TFT液晶が想像より見やすい。スマホと連動でおもちゃ感覚。(よくバグる)
・ツーリング、ワインディング等をかなり万能にこなせる。
・昔ながらのカワサキが得意の並列4気筒のスムーズな吹け上がり。(6000までスムーズでそこからパワフルが追加?される感じです。)
・サイドパニアケースの脱着が容易で走りに応じて対応でき、後付け感がない。
・サイドパニアの収納性が良い。(GT-AIR2のLサイズは入ります。)
・高価だか装備を考えると割安だと思う。
短所・不満な点 ・尖った今どきの顔、以前のカラーリングの方が個人的に好き。
・電子制御介入のせいか思ったよりエンジンのパンチが弱い?太くは感じない?高回転型なので、しょーがないかな?(実際はスムーズで速い)
・6速の実用回転数少し高い。(5速回転数との差が少ない)
・スクリーンの防風が思ったより弱い。
・サイドパニア付時に気を付けていても靴がぶつかる。いつも傷確認してる。(174cm)
・とってつけたようなクリア塗装も乗ってないグリーンのデカール(納車時に剥がしてもらった。NINJAロゴも剥がされ後日張り直し)
・カスタムパーツがまだ少ない。今年末か来年からか?
これから買う人へのアドバイス 大型初心者から熟練者まで幅広いユーザーが満足できるようにカワサキが毎年バージョンアップして作っているバイクシリーズだと思う。
エンジン性能は基本的に若干しか変わっていないが、今年から便利装備をフル装備させた。(あとは電子制御サスが付けば完璧かなという位です。)
今までの他のNINJA1000インプレにも書かれているが、良い意味で中途半端なバイクかな。(細々したことは日記にUPしてます。)
それだけ尖った所がなく万能性が高いバイクで、電子制御設定の変更やサス設定で初心者でも簡単にアクセルが開けられ、上級者でもリッター全開が可能だと思う。
今までレプリカ、オフロード、ビッグツアラー、直線オバケと乗って現車でスポーツスターも所持していますが、一番のお利口さんです。
クセがこれだけ少ないのが、一番のクセ?
普段は、ほんとに大人しそうな優等生!!本気出すと・・・買ったらわかります。
今までカワサキ車は興味なかったけれど、頑張って造っている良いバイクですよ。
【燃費】街乗・高速17~20km、ツーリング20~21km
あとは優等生すぎるので継続するか?あきるか?どっちかな?
今後のカスタムプラン ?

カワサキ Ninja 1000SXの価格情報

カワサキ Ninja 1000SX

カワサキ Ninja 1000SX

新車 17

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 148.5万円

148.5万円

諸費用

価格帯 ―万円

5.88万円

本体価格

諸費用

本体

150.6万円

価格帯 142.8~159万円

諸費用

6.75万円

価格帯 5.91~7.42万円


乗り出し価格

価格帯 148.5~156.38万円

154.38万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

157.35万円

価格帯 148.71~166.42万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー KAWASAKI
バイク車種 Ninja 1000SX
年式 2020 年式
排気量 1000 cc
購入/試乗時期 2020年4月
走行距離 およそ 10400 km
燃費 およそ 18 km/l
バイク保有状態 昔乗っていたバイク

このバイクの特徴

最適な用途 高速ありのツーリング 連泊
こんな人にオススメ 初めての大型バイクに
特にここがすごい 走行アシスト機能が充実

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 80点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング
  • 燃費

    【今回の走行距離】:274km
    【給油量】:14.5リットル
    【燃費】:18.8km/リットル
    【総走行距離(オドメーター)】:10400km
  • エンジンオイル

    【純正基準値メモ】:10W40/4L
    【オイル銘柄】:KAWASAKI カワサキカワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴速 4サイクルエンジンオイル
    【交換量】:3.2リットル
    【オイル粘度】:10W40
    【オイルフィルタ交換】:無
    【オイルフィルタ銘柄】:DAYTONA デイトナリプレイスオイルフィルター カートリッジ式(HONDA/YAMAHA/KAWASAKI系)
    【総走行距離(オドメーター)】:7800km
  • タイヤ(フロント)

    【純正基準値メモ】:120/70-17
    【交換】:無
    【タイヤ銘柄】:ミシュラン パワーGP
    【チューブ銘柄】:
    【タイヤ溝】:mm
    【空気圧】:2.5
    【総走行距離(オドメーター)】:10400km
  • タイヤ(リア)

    【純正基準値メモ】:190/55/17
    【交換】:無
    【タイヤ銘柄】:ミシュラン パワーGP
    【チューブ銘柄】:
    【タイヤ溝】:mm
    【空気圧】:2.8
    【総走行距離(オドメーター)】:10400km
  • サスペンション(リア)

    【清掃・洗浄】:有
    【リンクまわりグリスアップ等】:有
    【オーバーホール、リバルビング】:無
    【総走行距離(オドメーター)】:7800km
  • リア・サスペンション

    【プリロード】:4回転
    【伸側減衰】:14クリック戻し
    【圧側減衰】:クリック戻し
    【車高】:cm
  • タイヤ(フロント)

    【銘柄】:ミシュラン パワーGP 120/70/17
    【空気圧】:2.5
  • タイヤ(リア)

    【銘柄】:ミシュラン パワーGP 190/55/17
    【空気圧】:280