非公開ユーザーさんのMyバイク Sonota その他 1946年式

0000046access

コメント

購入動機・用途 戦前のバイクをレストアして見たかった、
設計は古く、1937年代にイギリス軍専用といて開発、
軍用は1946年まで製造されて、
その後民生用として1963年まで製造
テレスコ、リアーショックなどがついた物が出回ったらしいです。

ガーターフォク、リジット、サイドバルブエンジン、手動進角、
長所・満足している点 BSA-M20はいまだに純正部品のストックがイギリスにあります。
アマルのキャブもオーダーにて制作してくれます。
外装も手に入ります、ので時間をかければ部品は揃います。

車体を手に入れて、部品リストを作成まで3ヶ月、
部品注文してを入手まで10ヶ月、この間にフレームの修正、外装の注文。
外装入手後に、フレームと共にパウダー塗装、各部メッキ処理。
エンジンを内燃機関屋に修理依頼。
この間に、ミッションの修理、溶接、フライスによる修正など。
電気関連の修理、マグネートコイルの巻き直し、ジェネレーターのコイル巻き直し、12Vに変更、
ケーブルの作成(イギリスからルーカス純正の配線を入手)
ホイルのスポークの組み立て。

てな感じで、ほぼ完成までに4年かかりました!
その後にナンバー所得、テスト走行を重ねて不具合を修理、修正、不足部品を輸入で1年。

ここまでで、お腹が一杯で欲しい人い譲りました!
短所・不満な点 見た目はいいんですが、
やはり動かすとなると、、、、、信号、止まれません、
アイドリングで信号を待つのは苦痛です、手で進角ですから、、、
ほんの少しの路面段差でリアーが跳ねます、リジットですから、
センタースタンド、コツが、、、普通の人は絶対起こせません。

1937年に生まれたバイクです、現代の交通事情で動かすには自殺行為です。
これから買う人へのアドバイス レトロなバイクは今の時代にない味わいがありますが、
乗るとなると別です。
人の命を運んでいます、まあ自分が死んでも自業自得ですが、
人を巻き込むと別の話。
分解して、直して、元の形に直す、ここまでなら楽しめると思いますが。
今後のカスタムプラン

その他の価格情報

その他

その他

新車 2

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 14.08~32.69万円

23.38万円

諸費用

価格帯 ―万円

2.1万円

本体価格

諸費用

本体

252.67万円

価格帯 7.35~498万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 14.08~36.89万円

25.48万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー Sonota
バイク車種 その他
年式 1946 年式
排気量 500 cc
購入/試乗時期 2015
走行距離
燃費
バイク保有状態 昔乗っていたバイク

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 60点

整備日記

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング