さんぺぇさんのMyバイク KAWASAKI Z900 (2017-) 2020年式

0000375access

カスタムポイント

マフラー
ブレーキパーツ
クラッチ
ハンドルまわり HIGHSIDER バーエンドミラー フェッララII/ブラック
HIGHSIDER バーエンドミラーアダプター KAWASAKI車種専用
アルミカラードミラーホールカバーキャップ
ステップ
ラジエーター KAWASAKI カワサキキット ラジエータスクリーン
オイルクーラー
サスペンション
ホイール KAWASAKI純正 Ninja 400 2020年モデル用リムテープ ゴールド
車体回り KAWASAKI カワサキキット シュラウドスライダ
外装 CF POSH CF ポッシュSUSナンバープレート固定用キャップボルト&ナットセット
K’s-STYLE ケイズスタイルローシート
ランプ類
点火系パーツ
スプロケット・駆動系
キャブレター・吸気系
エンジン
メーター類 KAWASAKI カワサキキット メーター耐傷フィルム
アクセサリーパーツ Quad Lock クアッドロックTPU・ポリカーボネイト製ケース 【iPhone XR用】
Quad Lock クアッドロックモーターサイクルマウント
Quad Lock クアッドロックMOTORCYCLE MOUNT用 ナックルアダプター
DAYTONA 2.1Aバイク専用電源 USB1ポート
MotoPlanning USBケーブル

コメント

購入動機・用途 大型自動二輪免許取得に伴い、約10年ぶりにリターンライダー決定!

大型二輪から
・灯火類がLED
・フロントフォークが倒立
・162cmの自分で足つきが問題ないバイク

というところを考慮しながら車種選定し消去法で残ったのがZ900でした。

当初はメタリックグラファイトグレー×メタリックスパークブラックで発注しましたが、海外インプレ動画を見ているとタンクのグレーが明るいシルバーに見え、ブラックとの相性があまりよくないと感じ、ショップに展示車として置いてあったメタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラックに変更可能か交渉したところOKが出たので色変更し、2020年2月28日に納車されました。
長所・満足している点 タンクの形状がエロい(笑)
特に右斜め後ろから見た車体全体を見るとタンクのエロさが強調されます。
これだけで白飯3杯は行けます

運転した感じでは
・足つきは大型にしては良好(162cmの自分で両足つま先、片足ならば多少かかとが浮く程度)→K’s-STYLEローシート装着で多少の改善
・少々の前傾となりますがポジションは楽
・6000rpmからの伸びがヤバい
・乗り方に慣れてくるとちょっとした荷重移動でひらひらと曲がっていけます
短所・不満な点 ・デカールの質感が安っぽい→全て剥がしました。
・正面顔(ヘッドライト)はZ1000のようなLEDライトが良かった
・積載性は皆無
・教習車のNC750としか比較はできませんが、低速トルク(特に0発進時)があまりない
・燃費は街乗り中心で15~6km/Lくらい。初の大型なのでこれがいいのか悪いのか比較はできませんが、思ってたより悪いと感じてます
・自分の体重(65kg)ではリアサスの突き上げ感が強すぎる。プリロードが標準で最弱、減衰力も弱める方向は微々たる調整しかできず街乗り中心だと跳ねが気になります。
せっかくの調整式のサスを装備するのであれば弱める方向にももう少し調整代が欲しいです。
これから買う人へのアドバイス バイクに積載性能を求めるのであれば止めたほうがいいです。

この見た目に走りがツボにはまったのであれば直感を信じて購入をお勧めします。
今後のカスタムプラン 見た目的に不満のある
・リアフェンダーレス化
・ミラー交換→バーエンドミラーに交換済み
・マフラー交換

をしたいと思いつつ・・・

2020年モデルへの対応をじっくり待っているところです。

カワサキ Z900 (2017-)の価格情報

カワサキ Z900 (2017-)

カワサキ Z900 (2017-)

新車 66

価格種別

中古車 11

本体

価格帯 97.45~102.2万円

100.78万円

諸費用

価格帯 ―万円

6.55万円

本体価格

諸費用

本体

84.8万円

価格帯 77.99~92.4万円

諸費用

7.37万円

価格帯 4.84~8.74万円


乗り出し価格

価格帯 96.8~113.6万円

107.34万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

92.18万円

価格帯 86.73~97.24万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す