ひでちゃんさんのMyバイク SUZUKI Vストローム650 2013年式

0000039access

コメント

購入動機・用途 ドラッグスタークラシック400でたまにロングツーリングをしておりました。
大型免許を取得した際 大型アメリカンが第一候補でしたがアメリカンの高速での風当たりに不満を感じておりました。 ネットでアメリカンやカウル付きネイキッド、アドベンチャータイプと長距離ツーリングに向いているバイクから探していた所、Vストローム650の比較的程度の良さそうな車体を見つけて、他の方のインプレッションからロングツーリングに最適なバイクとの評価が多かった為購入を決意しました。
長所・満足している点 私には必要十分なパワー。 トルクも全域でフラットで、大型初心者でも簡単に操れる。 タンクがでかい上に燃費が良い(ツーリング時 平均30km/L) 自然にパタパタ倒れ、酷道にはまっても怖くない。 トップ・パニアケースが似合う。  
短所・不満な点 脚付きが悪い(身長172cm短足)為、路肩などのタイヤより低い場所に足を付く箇所では常に転倒の可能性がつきまとう。 また、つま先しか着かないので乗車したままバックができないが、取り回す際ドラッグスタークラシックより軽いはずなのにめちゃくちゃ重く感じる。(いつか転倒させてしまいそう) 2500回転以下では、エンジンがギクシャクする・・・気がする。
風防の効果は風防なしのアメリカンみたいに直接体に当たって後ろにもってかれる感じはないが、思ったより巻き込んでくる風はそれなりにある。
フォワードコントロールのアメリカンよりは少し前傾姿勢なので、上半身の疲労はアメリカンよりはある気がします。
これから買う人へのアドバイス まだ購入したばかりで、大型やこの手のバイクに慣れていないだけかもしれませんが、ツーリングバイクとしてアドベンチャーバイクが最強かというと、疑問が残ります。 アメリカンバイクと比べれば性能だけ見れば全てにおいて優れていると思いますが、トコトコゆっくり走りたい方や小柄な男性、年配の方、女性などは大型ならアメリカンの方が楽な気がします。(高速以外)
しかしアドベンチャーを冒険と捉えるなら、平和なツーリングだけでは物足りない。 いつ酷道に出合わすか、未舗装路に出合わすか、GSが全くない地域を走る事になるか、SSとマスツーリングに行く事になるか(私は知り合いにバイク乗ってる人がいないので心配ありませんが・・・泣) 考えると、キャパシティーが高くオールマイティーな車両ではあると思います。
なによりツーリング先で出会うと玄人っぽく見えて、格好いいと思います。
今後のカスタムプラン

スズキ Vストローム650の価格情報

スズキ Vストローム650

スズキ Vストローム650

新車 139

価格種別

中古車 22

本体

価格帯 63.69~92.4万円

88.15万円

諸費用

価格帯 4.7~9.1万円

2.2万円

本体価格

諸費用

本体

46.24万円

価格帯 38.26~55.99万円

諸費用

20.99万円

価格帯 13.6~26.42万円


乗り出し価格

価格帯 72.8~97.1万円

90.35万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

67.23万円

価格帯 51.86~82.41万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー SUZUKI
バイク車種 Vストローム650
年式 2013 年式
排気量 650 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 80点

整備日記

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング