0000212access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます

マフラー

ブレーキパーツ

ハンドルまわり

フレーム

外装

電装

駆動系

エンジン

ラジエーター

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ

コメント

購入動機・用途・比較車種 ZZR1400のエンジンの重さに疲れる場面が多くなり、エンジン特性の好みもあってリッターツインのTUONOを懐かしむことが多くなった。
とはいえ、維持費と品質、信頼性という観点から「国内仕様の国産メーカー」が必須条件。
Vストローム650XT、NC750X、トレーサーGT、アフリカツイン、(逆輸入車だけど)スーパーテレネあたりも候補に。
まぁ結局、フロント19インチ&ワイヤースポークに興味があった(オフメインじゃないので21までは要らない)、車体がデカすぎない、エンジンはパンチも求める、ブレーキシステムは強力なものをってことで、実質コイツ一択になりました(笑
長所・満足な点 ・貴重な元々スポーツ系のリッターツインエンジン。振り回しが軽い、トルクが瞬時に出る、適度なパルス感がある等、公道ではメリットが多くやっぱ好み
・クラッチは最初エア噛んでいるのかって思ったほど軽い。長距離ツーで疲れ方が全然違う
・前後連動型IMU。ただの連動でもなく、単体IMUでもない。
・角度調整式スクリーンは超便利
・ツーリングペースだとリッター20km以上の燃費。航続距離400kmは安定
短所・不満な点 ・もともとTL系のエンジン、低回転域を使ったまったりトコトコ走りはやや苦手。ローRPMアシストのおかげか、エンストしそうな不安定感はないけど
・ステップの位置が、ちょうど足を降ろしたいとこにある。真っ直ぐ降ろせれば足つきはもともと良いのに…
・シートはケツ痛も無いし乗り心地は悪くないんだけど、前後位置に自由度が少なくてちょっと窮屈
・フロント19インチ&前述のシートと相まって、速度域が高い場合、フロント荷重を意識したコーナリングをしないと大回りする。もちろん、Fブレーキリリースからちゃんとやればキチンと曲がる
・シガソケの位置。キーシリンダーに干渉しやすいので、もう少し左右にオフセットして設置して欲しいところ
・この車体価格ならグリップヒーター、センタースタンド、出来たらETCも標準装備であって欲しい
これから買う人へのアドバイス ハイシート購入検討中。だんだんとビックモタード化していくような?
Vスト3兄弟の兄貴分なのに一番マイナーなのは、一番排気量大きいくせに一番まったり走行に向いてないから?(あと高いですわな)
車体の大きさ、重さは見た目ほどでは無いかと。
足つきはステップを何とかするか、ハイシートで着座位置を変えると一気によくなりそう。
今後のカスタムプラン

スズキ Vストローム1000XTの価格情報

スズキ Vストローム1000XT

スズキ Vストローム1000XT

新車 1

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 124.7万円

124.7万円

諸費用

価格帯 8.8万円

8.8万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 133.5万円

133.5万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー SUZUKI
バイク車種 Vストローム1000XT
年式 2017 年式
排気量 1000 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

選択されている特徴はありません

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 90点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング