暖炉さんのMyバイク KAWASAKI ニンジャ250 2018年式

0000074access

コメント

購入動機・用途 かっこいい!軽い!ハイパワー!
免許取得後前々から気になっていた2018年型Ninja250。近所の販売店で定価5万円引きで販売されており、見に行ったその日に契約。
長所・満足している点 軽い。ワインディングやストリートでサクサク倒せる。
中回転(5.6000rpm)辺りからのパワーがある。速く走るならシフトチェンジを頻繁に行う必要があるのは仕方がないが、中回転以上を維持すればワインディングの立ち上がりもパワフル。低回転でもある程度のトルクはあるので扱いやすい。(斜度約5%の坂でも2000rpmも回さずに発進可能)
高速道路では6速に入れて6,7000rpmでの巡航ができ、限界まで回す必要はない。
クラッチがすごい軽い。指一本でクラッチを切れ、信号待ちでニュートラルに入れなくても手が痛くならない。
燃費がよい。信号なしで巡航できるなら(例えばR1静岡県内バイパス区間)34km/L程度。市街地走行でも加速を抑えて4,5000rpmで走行すれば28km/L程度。
短所・不満な点 高回転域(10000rpm)以上まで回すとメカノイズがうるさい。電動ノコギリのような音がタンク下から聞こえる。
純正スクリーンは防風性能が低く、腰より上には風が当たるため高速道路等は辛い。これはハイスクリーンに換装すれば対応できると考えられる。
積載能力が低い。タンデムステップとナンバープレート付近にフックはあるが、タンデムシート自体が小さいので積載には工夫が必要。私は底面をまな板で補強したホームセンター箱(30L)を用いてキャンプツーリングに用いている。
2代目と比べてタンク容量が3L減少したため航続距離は短くなっている。それでも街乗りで300km、高速等なら400kmは持つが。
CBR-250RRのような高級感はない。
これから買う人へのアドバイス マルチに使える250ccバイクであると言える。
ただし、2代目と比べてツアラー特性は下がっている。
その分軽くなり、ハイパワーになったのでワインディングやサーキット走行は楽しくなっている。
ただ、ほぼ同じ重量のNinja400もあるので気になるなら試乗して比べてみてはいかがだろうか。
今後のカスタムプラン

カワサキ ニンジャ250の価格情報

カワサキ ニンジャ250

カワサキ ニンジャ250

新車 54

価格種別

中古車 146

本体

価格帯 44.5~65.45万円

61.78万円

諸費用

価格帯 5.5~8.4万円

4.36万円

本体価格

諸費用

本体

46.26万円

価格帯 37.75~59.49万円

諸費用

2.81万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 50~73.85万円

66.14万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

49.08万円

価格帯 37.86~57.84万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー KAWASAKI
バイク車種 ニンジャ250
年式 2018 年式
排気量 250 cc
購入/試乗時期 2018,10,4受領
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 80点

整備日記

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング