0000299access

コメント

購入動機・用途・比較車種 安全装備の充実化
ツーリングに使用
実燃費:20km/L〜25km/L
長所・満足な点 ・制流効果が高く、スクリーンを付けるだけで走行風が気にならない
・軽い車体、スリムなエンジン
・調整幅の大きいリアサスペンション
・リッタークラスに引けを取らない加速性能
・軽いクラッチ、クイックシフター
短所・不満な点 ・値段が安いので仕方がないが所々作りが安っぽい
・300km以上ではお尻が崩壊するシート(乗り方を工夫すれば600kmまでのツーリング可能)
・LEDの癖に暗いヘッドライト(Z1000比)
・転倒の際に接触するであろうリアのリザーバタンク
・自分で操作した方がショックの少ないクイックシフター
・アイドリング時はカウントしない平均燃費計(これのせいで一回ガス欠やらかしました)
これから買う人へのアドバイス 買って損はしない1台。万人にオススメ出来る。コスパ最高。
大型車の基本装備になりつつあるABS・トラクションコントロール装備に加え、クイックシフター(アップ側のみ)・アシストスリッパークラッチを搭載。クイックシフターとか使うのか?と思っていたがかなり便利。ツーリングで左手の疲れが激減。
エンジンは3,500rpmで谷(共振点)があるが振動は少なめ。ツアラーにも十分使えるエンジン。正直トレーサー900GTを買えば良かったと若干後悔したが、トレーサーならば恐らく足廻りに不満が出ていたと思う。
クロスプレーン3気筒の排気音は独特で不快だったが、すぐに慣れた。
一般のネイキッドに比べると上体は起き気味だが気にならない。ハンドルが近く安心感あり、操作しやすい。ステップ位置が低いため、ハングオンするとニーグリップが出来なくなりズリ落ちそうになる。(自分の脚が短いだけか...)リーンウィズで十分曲がってくれるので特にハングオンが必要に感じない。シートの滑り止め加工は秀逸でニーグリップが疎かになる程。
Aモード2速は敏感すぎて気を使うが、3速以降はコントローラブル。他モードは未体験。
せっかくのSPなので細かいサスセッティングをしたほうが楽しい。純正は前後共に突き上げが酷く疲れるので用リセッティング。※一気に柔らかくするとピッチが大きくなりリアが簡単に浮くようになるので要注意。(一回突っ込みそうになりました...)
昨今値段が高騰しつつある中で気兼ねなく購入でき、後悔させない1台だと思います。
今後のカスタムプラン

ヤマハ MT-09の価格情報

ヤマハ MT-09

ヤマハ MT-09

新車 97

価格種別

中古車 103

本体

価格帯 89.96~126.5万円

112.79万円

諸費用

価格帯 ―万円

6.36万円

本体価格

諸費用

本体

77.9万円

価格帯 53.8~125万円

諸費用

5.28万円

価格帯 4.3~7.14万円


乗り出し価格

価格帯 89.96~135.15万円

119.15万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

83.19万円

価格帯 60.94~129.3万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー YAMAHA
バイク車種 MT-09
年式 2018 年式
排気量 850 cc
購入/試乗時期 SP 5月納車
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

選択されている特徴はありません

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 90点

整備日記

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング
    • フロント・サスペンション

      【プリロード】:回転
      【伸側減衰】:クリック戻し
      【圧側減衰】:クリック戻し
      【オイル粘度】:
      【オイルレベル】:mm
      【突き出し】:mm
    • リア・サスペンション

      【プリロード】:回転
      【伸側減衰】:クリック戻し
      【圧側減衰】:クリック戻し
      【車高】:cm