decopeiさんのMyバイク YAMAHA BWS125(ビーウィズ) 2018年式

0000374access

コメント

購入動機・用途 長男が通学に50ccの初期型BW’s(3AA)を使っていたが、卒業・就職したので50cc縛りの校則から解放され、125ccクラスに買い替えることに。個性的なデザインであまり人が乗っていない上にシート下の容量が大きく、キャリアも標準装備など使い勝手も良さそうで、同じBw’sシリーズの最新機種ということでBW’s125に決定。
長所・満足している点 実車はカタログで見るより数倍迫力があってカッコいい!特にこのビビッドイエローソリッド2という色はとても鮮やかで、ライト周りのエッジの効いたデザインが一層引き立つ。今までBW’s125といえばブルーというイメージがあったが、このカラーが一番似合っていると思う。

駆動系のセッティングがかなり過激で出足がとても鋭く、シグナルダッシュでは余裕をもって四輪を引き離せるので街乗りが快適。

大きすぎず小さすぎず、程よい大きさの車体と余裕のあるポジション、足元のスペースにもゆとりがあり、走りも安定感があって街乗りがとても楽チン。

うまくテコが効いていてセンタースタンドがけがとても軽い。ハンドル切れ角が大きいので取り回しも楽。

デザイン、視認性共に優れたメーター。

効き、コントロール性とも申し分なしの前後ディスクブレーキ。ウエーブディスクで見た目もカッコいい。

収納・積載性が良い。シート下には小さめのフルフェイス+カッパくらいは余裕で入り、キャリアも標準装備されている。

バーハンドルなのでハンドルやレバーの角度調整が可能な上、ハンドル交換やその他アクセサリー類の取付などのカスタムが容易と思われる。ハンドガードが標準装備だったり、メーターが独立していることも手伝って、乗った時の印象や見た目も普通のMT車に近く感じる。
短所・不満な点 私は問題ないが、身長が低い長男にとってはシート高がちょっと高い。そのおかげで、グリッパーシートになっているのはありがたい反面、あまりにグリップし過ぎて足を着く際に尻をずらしにくいのがネガ要素になってしまう。

シート形状そのものは良いのだが、スポンジがかなり硬く、ほとんど沈み込みがない。サスも硬めで、必然的にゴツゴツした乗り心地になってしまう。どちらもカスタムで改善できると思われるが・・・。

マフラーがかなり右側に張り出しており、すり抜けや車庫入れの際には気を遣う。これも交換で解決可能かな?

未評価だが、燃費は良くないらしい。これだけ過激な駆動系セッティングなら仕方ないと覚悟している。
これから買う人へのアドバイス シート下の収納はとても広い一方、フルフェイスヘルメットを入れるとギリギリ入るか入らないかの微妙な深さなので、購入を検討されている方は必ずご自分のヘルメットを入れて確認された方がいいと思います。
今後のカスタムプラン 足つきの際、尻がずらしにくいのをシートカバーの装着で解消できないか検討中。

性能やデザインに不満はないが、出っ張ったマフラーはそのうちに改善したい。

硬いシートとリアサスをもう少し柔らかくしたい。

ヤマハ BWS125(ビーウィズ)の価格情報

ヤマハ BWS125(ビーウィズ)

ヤマハ BWS125(ビーウィズ)

新車 217

価格種別

中古車 21

本体

価格帯 19.9~35.96万円

29.44万円

諸費用

価格帯 4.2~9.31万円

2.57万円

本体価格

諸費用

本体

21.16万円

価格帯 15.3~27.55万円

諸費用

1.32万円

価格帯 0.36~3.05万円


乗り出し価格

価格帯 24.1~45.27万円

32.01万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

22.48万円

価格帯 18.35~27.18万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー YAMAHA
バイク車種 BWS125(ビーウィズ)
年式 2018 年式
排気量 124 cc
購入/試乗時期 2018年5月
走行距離 およそ 1000 km
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 90点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング
  • エンジンオイル

    【純正基準値メモ】:
    【オイル銘柄】:
    【交換量】:リットル
    【オイル粘度】:
    【オイルフィルタ交換】:無
    【オイルフィルタ銘柄】:
    【総走行距離(オドメーター)】:1000km