0000794access

カスタムポイント

マフラー
ブレーキパーツ XJ400ZS 純正流用
ハンドルまわり ハリケーンセパハン36パイ>左締め付け部割れたW>XJ400Z純正に交換
フレーム
外装
電装 ヘッドライト球>LED
駆動系
エンジン XS400 純正流用
XS GXのイグニッションコイル流用(ポン付け可能でした)
R1のクラッチ(プレート&フリクションディスク)が流用(品番同じ)でした。
ラジエーター
オイルクーラー
サスペンション
ステップ
ホイール 事故の為XSフロント周り全壊何度目だろう・・・あきらめる>XJ400Zのフロント周りをごっそり交換。
足まわり
オイル
タイヤ
純正オプション・アクセサリーパーツ

コメント

購入動機・用途・比較車種 初期型XS250E(30馬力)。中古で19万5千円だった。つまり即購入できる値段だったので買った。バイク探しに連れて行ってくれた友人はGPZ250(35馬力)に乗っていたっけ。車重は当時のバイクの中ではダントツに重かった。他の友人はVT-FEやVFRを買っていたっけ。
長所・満足な点 動力系は空冷だから耐久性抜群
一時期放置しておいたけどキャブレターを掃除したら治った。電気系も複雑なことは無い。足回りはFR共にイイ感じ。フロントのシャフトが太くて安定性抜群、でもFブレーキはまるでダメ。まぁヤマハなので流用すればいいと思う。リアはドラムだから分解掃除を怠るとホイール側が削れて大変なことにw。スタイルは大好き。よく言われるテールのデザインも自分は良いと思っているが純正の真四角の大型ウインカーはさすがに交換した方が良いとは思う。キング&クイーンシート共に厚みがあり二人乗りにも適していると思う。
短所・不満な点 無い。ただ、もう部品が無い。インターネットの時代になったおかげで何とかなっている感じ。
(←道の駅で出会った方”ステラさん”からクラッチディスクはR1と同じ部品番号である情報アリ~~ありがとう~~)
これから買う人へのアドバイス もう手に入らないでしょう。時代は巡り、XSRシリーズが出てますが
こいつのテイストを持ったバイクはXJ400Sディバーションじゃないかな。
あっこれも絶版か・・・
長く乗るのなら空冷、キャブレタータイプのバイクがお勧めです。
なかなかタフですよ。
今後のカスタムプラン メーターバイザーをカブのウィンドシールドから作って付けました。>夏の暑さでバイクカバーの中で曲がっちゃいました>曲がった部分を切りましたが、熱でゆがんだ部分があるので・・・ん~今後カスタムするならメーターバイザーかなぁ・・・あっ、レストア(修理)は順次W

ヤマハ XS250の価格情報

ヤマハ XS250

ヤマハ XS250

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

79.8万円

価格帯 79.8万円

諸費用

7.22万円

価格帯 7.22万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

87.02万円

価格帯 87.02万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー YAMAHA
バイク車種 XS250
年式 1982 年式
排気量 250 cc
購入/試乗時期 1987
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 下道ツーリング
こんな人にオススメ 多少壊れても自分で直せる人に

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 100点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング