0000047access

カスタムポイント ※Webikeにインプレッションを投稿した商品が連携されます

マフラー

ブレーキパーツ

ハンドルまわり

フレーム

外装

電装

駆動系

エンジン

ラジエーター

オイルクーラー

サスペンション

ステップ

ホイール

足まわり

オイル

タイヤ

純正オプション・アクセサリーパーツ

コメント

購入動機・用途・比較車種 所有しているオートバイが旧いものばかりで、高速道路を使った長距離走行には不安があったので、安心して高速巡航が可能だと思い隼を購入。購入に当たり、比較した車両は無し。ジムニーと同じ、「唯一無二」。
長所・満足な点 最高速が何キロ出るとか、とかくそういうことが前面に出るオートバイではあるが、地味なところでパワーウエイトレシオは何と1.35kg/ps。GSXR1000Rなどには及ばないが、四輪と比べるとあのランボルギーニやフェラーリを凌ぐ。自宅のガレージにそんなモンスターマシンがあるというだけで満足。そう思うと「隼に乗る」ということは特別な事なのかも知れない。1型にあったスロットルボディが汚れる持病は2型で無くなった。3型(新型)は電子制御満載でそれ自体は否定しないし、実際素晴らしいようだが、長く不安なく乗ることを思うとなるべくシンプルなもののほうが好ましいと思うのは私だけか。
短所・不満な点 重い。ゆえに取り回しはしんどい。またエンジンの発熱などもよく話題になるが、1340ccの4発をカウルで包んでいるのだから仕方の無いこと。ツアラーとしての位置づけながら、パニアケースなどを後付けするデザインにはなっていない。タンク容量が21Lとやや少なく、燃料計の指示値も半分からは急に減って慌てる。高速道路を使って片道300km+現地100kmとかの日帰り旅には適しているのかも。
これから買う人へのアドバイス フロントフォークのオイルシールが約2万kmでだめになり、オクムラでオーバーホールしてもらった。倒立型はそんなものらしい。純正のモノが良いだけに、オーバーホールして使い続ける価値はある。それ以外ではノントラブル。エンジンオイルだけならドレンボルトを外すだけで交換できるが、オイルフィルターを交換する場合はサイドとアンダーカウルを外す必要があり、ショップでやってもらうなら工賃が高くなるかも。重量級高出力オートバイなので、タイヤはよく減る。誰が乗ってもアクセルをひねるだけでスピードが出るので、無駄に飛ばすのは自慢にはならない。高速でも市街地でも、指示速度をキープして走れる自制心のあるライダーにこそ似合うオートバイだと思う。隼は、50km/hで流しても十分に楽しい。
今後のカスタムプラン

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 197

価格種別

中古車 74

本体

価格帯 198~222.2万円

216.28万円

諸費用

価格帯 1.87~8.75万円

5.62万円

本体価格

諸費用

本体

123.21万円

価格帯 52.25~201.5万円

諸費用

0.72万円

価格帯 2.99~4.96万円


乗り出し価格

価格帯 199.87~230.95万円

221.91万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

123.94万円

価格帯 55.24~206.46万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す