0000120access

コメント

購入動機・用途・比較車種 ZX14やVFR1200とは方向性がまるで違う。
アイドル回転から吹かさずに半クラ〜レブまで回しきれて運動性の高いマシンが欲しかった。
長所・満足な点 アイドルからレブまでどの回転域でも半クラ当てずにスムーズに回るしトラクションコントロールの性能もまずまずといったところ。
キャスターが立ってるので意外にもハンドリングがいい。
ブレンボのstylemaが素晴らしい、指1本引っ掛けるだけでブレーキコントロール出来て素晴らしい。
短所・不満な点 2代目を踏襲していてやはり車重が重い、エンジンビビり振動大きい、アクセル操作がとにかく重すぎる(スロットルスプリングレートの問題)、シート下が熱い、リアサス熱ダレ、燃費悪い、航続距離短い、サスペンションは2代目より上質になったがスプリングレートが柔らかいのか攻めた走りはできない。
サスペンションは高速時(突き上げ)側の設定はない。

クルーズコントロールは設定速度付近で加速と減速が一定周期起きて前後に揺すられて高速道路ではあまり使いたくないが、峠の大名行列などでちんたら走ってる時にアクセル操作重すぎて右手が疲れてしまい、右手を休ませる為のアクセル代わりにクルコン使う事あるがそれくらい。

アクセル操作に対して電子制御介入し過ぎてアクセルワークで遊べない、ローンチコントロールいらない、サスペンションに費用かけて欲しい、エンブレもっと効くモード欲しい。

マフラーがデカくて取り回しで邪魔、触媒からマフラーのくの字部分が錆びて茶色い、溶接スパッタが汚くてフラッグシップとは思えないくらい醜い!!
原付以下のクオリティで本当に酷い!!

GSX-S1000GTのフルデジタルメーターがよかった、アナログメーター要らん時代遅れ。
これから買う人へのアドバイス 50ccからステップアップ、原付卒業に最適です。
原付の貧弱フレーム、ゴミブレーキ、クズサスペンション、エンジンの非力さで悩んでるあなたおすすめです。
今後のカスタムプラン

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 197

価格種別

中古車 63

本体

価格帯 210.1~222.2万円

217.1万円

諸費用

価格帯 4.71~8.75万円

5.02万円

本体価格

諸費用

本体

118.22万円

価格帯 52.25~230.5万円

諸費用

1.98万円

価格帯 2.99~6.97万円


乗り出し価格

価格帯 214.81~230.95万円

222.13万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

120.21万円

価格帯 55.24~237.47万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー SUZUKI
バイク車種 HAYABUSA
年式 2021 年式
排気量 1339 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費 およそ 13 km/l
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 買い物
こんな人にオススメ 初めての大型バイクに
特にここがすごい スタートダッシュに優れるバイク

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 0点

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング