0000207access

コメント

購入動機・用途・比較車種 バーグマン400が2回目の車検を迎えるため、乗り換えを検討していました。
元々、軽排気量の2気筒エンジンが好きで、ZZR250にはじまり、EX-4、ゼルビス、SV400s、ブロス400、SRV250と乗り継いできました。
最新設計の2気筒エンジンで軽量・コンパクトな車両のNinja400を購入しました。
【用途】
近所の買い物と、泊りのツーリング利用がメインです。
見た目はスポーツバイクですが、ツアラーな感じの乗車姿勢で長時間運転しても疲れないです。
買い出しツーリングのときは、トップケース仕様にして走っています。
長所・満足な点 【デザイン】
最近のフルカウルバイクのデザインで気に入っています。

【エンジン】
400ccのツインエンジンとしては、低回転域のトルクは小さいです。
このエンジンで3000rpm以下では加速できません。SV400sと同様に回してパワーを出すタイプです。

【ハンドリング】
素晴らしいです。軽量+ショートホイルベースのフレームでヒラヒラと倒しこむことができます。また、接地感も高く安心して走行することができます。
短所・不満な点 ETCとドライブレコーダーを装備していますが、もう何も積めません。(車載工具は下ろしました)
燃費は、歴代の400ccの中で一番悪いです。(25.0km/l程度)
それでも、4気筒エンジンに比べれば、全然良いですが。
これから買う人へのアドバイス 軽排気量なので、回す楽しみのあるエンジンです。
シンプルな構造のバイクですし、250ccと部品を共用しているのでランニングコストも低めです。
大きなバイクに疲れてきた人はどうでしょうか?
今後のカスタムプラン

カワサキ ニンジャ 400の価格情報

カワサキ ニンジャ 400

カワサキ ニンジャ 400

新車 120

価格種別

中古車 132

本体

価格帯 66.6~87.18万円

72.99万円

諸費用

価格帯 1.6~5.78万円

6.03万円

本体価格

諸費用

本体

59.71万円

価格帯 32.8~88万円

諸費用

5.1万円

価格帯 6.1~7.67万円


乗り出し価格

価格帯 72.38~88.78万円

79.02万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

64.82万円

価格帯 40.47~94.1万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スペック

バイクメーカー KAWASAKI
バイク車種 ニンジャ 400
年式 2022 年式
排気量 400 cc
購入/試乗時期
走行距離
燃費
バイク保有状態 今乗っているバイク

このバイクの特徴

最適な用途 下道ツーリング
こんな人にオススメ 初めてのバイクに

自己評価

走り
ルックス
燃費
積載性
とりまわし
メンテナンス性
総合評価 0点

整備日記

最新の整備記録

  • メンテナンス
  • セッティング