メンテナンス講習

0000401access

プロフィール

誕生日
9月 16日  
血液型
A型  
都道府県
東京都  
活動エリア
関東近辺 

ステータス

日記投稿件数
404件
インプレ投稿件数
45件
MYバイク登録台数
4台
友達
4人
カテゴリ:近況
(0)
Kさん Kさん   2007年11月10日

メンテナンス講習

日記写真
車種名
SUZUKI バンディッド1250
Myバイク
K7

RASでメンテナンスの講習を受けてきました。
講習はものの考え方(座学)と実践がセットになっているので、とてもためになりますし、身につきます。

午前中は座学。
メンテナンスの考え方(優先度、注意点)についてきっちり学びます。
意外だったのはタイヤのエアバルブの話。
ホイールセンターに向いていると、GS空気って入れられないんですね。
(後日、実際に試しました。)

午後は、整備の一環としての操作系(レバー・ハンドル・ペダル)の調整。
操作方法は「ビックマシンを自在に操る」DVDで頭には入っていましたが、実際に確認するとかなりのずれが・・・・。

適切な位置に調整すると、ビックリするくらい乗りやすくなります。
クラッチは軽くなるし、ブレーキは効くようになるし。
皆さんもお試しあれ。

その後はブレーキキャリパーの脱着と、パッド掃除の講習。
CBR600RRとCB400SFを教習バイクとし、実際に作業。思ったより簡単にできました。
ただ、ABS付きのバイクとBMWは触らない方がいいです。
センサーがおかしくなったりするらしい。
また、車種によってはホイールを外さないとキャリパに触れなかったり。
バイクもいろいろありますね。

自分のバンディットはというと、巨大なサイレンサーを外さないとキャリパがとれない仕組みになっているようで、手が入りません。
ABSもついているのでお手上げでした。

最後に、サスペンションの設定についてお勉強。
プリロード・コンプレッション・リバウンドのうち、自分のバイクには何がついていて、どうやって調整するのかを学びます。

この調整中に、我がバンディットは突然沈黙しました。
走行中に「カクン」とエンジンが止まり、うんともすんともいわない始末。
タコメータが4000rpmを指したままとなり、セルは回るがFIが動かず・・・・

原因がわからず、RBにレッカーされていきました・・・
(後日FIのヒューズ切れと判明。バンディットはFIとメーターのヒューズが共用になっている模様)
私は、校長の車で自宅まで送り届けてもらいました。

まだ新車なのになぁ・・・・

いろいろありましたが、個人的には収穫の多い一日でした。

キーワード
RAS ライスク メンテナンス
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全0件)