富士山周回ツーリング

0000354access

プロフィール

誕生日
9月 16日  
血液型
A型  
都道府県
東京都  
活動エリア
関東近辺 

ステータス

日記投稿件数
404件
インプレ投稿件数
45件
MYバイク登録台数
4台
友達
4人
(0)
Kさん Kさん   2008年04月12日

富士山周回ツーリング

日記写真
ツーリング期間
2008年04月12日 ~ 2008年04月12日
車種名
SUZUKI バンディッド1250
Myバイク
K7

箱根~御殿場~山中湖と周回するコースで走ってきました。
当初は箱根周辺を走り「箱根スイーツ」を堪能する予定でしたが、悪天候により断念。「走り」メインにスイッチしました。
ちなみに今日一日写真のような天気で、実際に走るとこんな天気。
・山の上(峠道)は雨
・山の麓(町中)は晴れ

今回も順調にいかないツーリングでした。
8:30に東京料金所での待ち合わせだったのですが、
今回も首都高でルートミスをしました。
関越→外環→5号→C1→3号→東名と走る予定だったのですが、
なぜか分岐でのルート選択をミスし、関越→外環→5号→4号と走り、一般道へ。
都内をさまよったあげく、C1→3号→東名と入りました。
集合時間に10分遅刻。初っぱなから迷惑をかけました。

ただ、このおかげ?かいつもお世話になっているRASのトレーニングツアーの一行と遭遇。
「今日はどうしたの?」「ツーリングです。」
といった挨拶を交わし、お別れしました。

この時期のツーリングで向かうところはみんな同じですね。
他にもツーリングに向かうグループが多数いました。

ルートは東京料金所を出発したのち、
小田原厚木道路で箱根に向かい、箱根新道に入ることに決定。
東名を走っている間は非常に順調でした。
今回はすり抜けもほとんど必要なかったです。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 1.

小田原厚木道路では、毎度のことですが、覆面がいましたね。
捕まっている車は見ませんでしたが、道が空いていてもとばす気にはなりませんでした。

予想外だったのはここからです。
箱根新道に入り、山登りを始めると、山頂の法がなんか暗い。
漂っている空気が冷たい。道が湿っている・・・・・まさか、雨?
芦ノ湖に向かう際に、やっぱり降ってきました。
最初はパラパラだったのですが、芦ノ湖スカイラインに入る前に念のため雨具を装着。
これは正解でした。

芦ノ湖スカイラインで料金を払うと、いきなり霧の中に。
視界は20m程度で、ハザードランプをつけながらの走行。
レースでいうと「ヘビーウェット」っという感じのコンディションでした。
こんな状態なので、一気に御殿場まで行ってしまうことにして、霧の中を走行。
箱根や富士山周辺では、霧の中を走ることは結構あるのでなれてはいましたが、一緒にいったメンバーは少々堪えたみたいでした。

ペースが全然違ったので見ていませんが、あとで聞いたところによると、アクセルの開け方を間違ってリアがスライドしたとか。
(ツレが乗っていたのはCBR600RRなのですが、今回は私のバンデットの方が常に速かった)
それからは、ビビリミッターが常にONになってリラックスできずに疲れたそうです。

そんなこんなで芦ノ湖スカイラインを抜け、箱根スカイラインを経由して長尾峠を抜けて御殿場へ。
長尾峠を下っていくと今までの雨・霧が嘘のように良い天気。
「なんだこりゃ?」「上だけ大変なことになっているなぁ」なんて会話をしながら、山中湖方面へ走行。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

そのまま道志道をぬけて、道の駅どうしで遅めのお昼となりました。

お昼のあと、予想外に疲れたため、時間は早いが中央高速を走って帰ることにしました。
中央高速で東京に向かって走るととても良い天気でした。
帰路は中央高速→圏央道→関越というルートで帰りました。

中央高速でも、覆面がいましたね。
目の前で回転灯をつけて車を追跡し始めたので焦りましたけど(^^;
(そのときはぬゆわKmくらいの速度が出てました・・・・))

圏央道にもやはりいました。
別のバイクが捕まってましたけど(珍しい?)
バイクって常に前後左右を見ながら走るので、覆面にも気づきそうなものですが・・・

私といえば、ぶっ飛ばしている(ふわわKm近く出ていることもありました)にもかかわらず、捕まることはなく、
新しいショッピングモールの影響で圏央道の入間出口がめちゃくちゃ渋滞しているのに驚きながら帰宅しました。

総走行距離:427Km

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全0件)

関連日記