たどり着けなかった目的地

0000333access

プロフィール

誕生日
1月 24日  
血液型
A型  
都道府県
高知県  
活動エリア
四国 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
60件
インプレ投稿件数
5件
MYバイク登録台数
2台
友達
0人
(0)
rinazaemonさん rinazaemonさん   2008年03月02日

たどり着けなかった目的地

日記写真
ツーリング期間
2008年03月02日 ~ 2008年03月02日
車種名
SUZUKI DJEBEL200 [ジェベル]
Myバイク
ジュベ

本日は天気も良くまた、気温も暖かく絶好のツーリング日和だったため、愛媛県大洲市(旧河辺村)にある「木造屋根付橋」を目指した。
「屋根付橋」など見たことも無く、一度は見てみたい思い、意気揚々として出掛けた。
国道33号線を久万高原町まで走り、途中から国道380号線に乗り換え内子町(旧小田町)に出て、県道55号を使い大洲市(河辺村)に至るルートを選択し走る。
R33号を経て、R380号を内子町へ向かうルートは順調そのもの。
しかし…、しかし、ここからの県道55号が曲者だった。
55号は局地的な改良が行われているとはいえ、山を登るにつれて次第にその様相を変えていく。  道幅は当然のように狭く、道の真ん中はコケが生え、ところによっては植林の落ち葉や枝で、路面が隠れているところも…。
それにも、メゲずにジェベルを走らせる。 しかし、55号線の攻撃は一向に止む気配を見せず、次にきたのは、「アイスバーン攻撃」。 所々、道を凍らせてるのだ、さすがに心が折れそうになるものの、凍結していない部分を見つけ通り抜けたり、凍結路面の上に積もった落ち葉の箇所を乗り越えたりしながら峠の頂上に至った。

キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 1.

数々の県道55号線の攻撃(狭小、コケ、落ち葉、アイスバーン)を乗り越えながらも、内子町と大洲市の境界に達し征服感に酔いしれる。  しかし次に見た光景とはっ…?!   

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

一面の「アイスバーンっ」!!!!。
しかも、よけて通過できそうな箇所は一切なし。
せ、せ、せっかくここまで来たのにっ。
「待てよ。新雪なら、ひょっとして乗り越えられるかも!」と淡い期待を胸に歩いて偵察に…。

「ガチガチのツルツル。」  うん、歩くのも怖いくらい。…

結局、来た道を恐々と帰還する。 
春になったらリベンジだっ。

都道府県
キーワード
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント(全0件)