Y.D.I.S キャブ調整

RSS

0000889access

NORTHFOX AYさん

誕生日
1月19日
血液型
O型 
都道府県
北海道 
活動エリア
 
(1)
NORTHFOX AYさん NORTHFOX AYさん 2012年7月11日

Y.D.I.S キャブ調整

日記写真
Myバイク
XT250T (30X)

先日のツーリングで燃費が悪かった(23km/l)のでキャブセッティングを見直してみます。
以前パワー重視でセッティングしていたので、どうもツーリング向きではないようです。
時代も変わりましたし、歳も考え(バイクとライダー共に)エコ走行向きに調整してみます(笑)

---現在の設定---
プライマリ側
メインジェット #125
ニードルクリップ 下から3段目(真ん中)

セカンダリ側
メインジェット #125
ニードルクリップ 下から2段目

パイロットスクリュー戻し
2と1/2位

---現在の走行フィーリング---
セカンダリが開くタイミングでゆっくりとアクセルを開けてゆくと、4000rpm付近でもたつき感があり、特に6速で60Km/h ~70Km/h走行時が特に気になる。
ただし、4500rpmを超えると最高回転まで一気に回り、アクセルを開ければ安心して必要なトルク、パワーを得られる感じ。(あくまでも250ccシングルエンジンとして)

キーワード
XT250T 30X YDIS キャブ
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 1.

トライ1
今回の目的は燃費重視設定なので、メインジェットは手持ちの中で一番小さなものにして、ニードルクリップの位置もそれぞれ一番上(燃料薄い)の位置から始めてみた。
また、セカンダリが開くタイミングを遅らせて、中低速はプライマリだけで燃費をかせぐことができないか試してみる。
(写真はプライマリ側のメインジェット 左が#122 右が#125)

プライマリ側
メインジェット #125 ---> #122
ニードル 下から3段目(真ん中) --> 下から5段目(一番上)

セカンダリ側
メインジェット #125 ---> #110
ニードル 下から2段目 --> 下から5段目(一番上)

パイロットスクリュー戻し回転数
1 と1/2 --> 3と1/2

セカンダリオープン時期
3500~4000rpm --> 7000~7500rpm (調整ネジ 2と1/2回転戻し)
掟破りか?

結果
アイドリングからアクセルを開けた直後に息つき感あり。でもその後はセカンダリが開く直前まではジェントルでスムーズであり、6速80Km位まではプライマリだけで走る事も可能。
しかしセカンダリが開き始めると回転が上がらず失速し使い物にならない。
プラグは白く焼け気味になった。
明らかにガス薄すぎ。
結論 ---> ×

都道府県
北海道
キーワード
XT250T 30X YDIS キャブ
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 2.

トライ2~4
結論から先に言うと全くだめ。
セカンダリの開くタイミングを遅くしたのが原因で、高回転でセカンダリが開き始めても初期開度が不足しているためガスのバランスが悪く回転が上がらない事が判明。この状態でセカンダリのジェットやニードルでガスを濃くすると改善方向には向かうが、息つき感が修まらず調子が出ないことがわかった。

やったこと
プライマリ側
トライ1のまま

セカンダリ側
セカンダリが開くと回転が上がらないので
メインジェット #110 ---> #125へ戻す
ニードル 下から5段目(一番上) ---> 下から2段目へ
ガスを濃くしてゆくと若干改善方向にはなるが、セカンダリを全開にしないと回転が上がらない。

セカンダリオープン時期
7000~7500rpm のままでは不調なため
3500~4000rpm で開くように元に戻したところ、セカンダリが開き始めてもスムーズに回転が上がるように戻った。
写真はセカンダリの開閉時期を調整するネジ。ロックナットのスキマ分が今回調整してみた量。たったこれだけでこんなに影響があるとは..
元に戻してロックし直し
やれやれ...

都道府県
北海道
キーワード
XT250T 30X YDIS キャブ
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 3.

トライ5~6 (セカンダリの開くタイミングを元に戻して仕切り直し)

プライマリ側
ニードルクリップを1段下げて下から4段目へ
(アイドリングからアクセルを開けた時の息つき解消のため)

セカンダリ側
メインジェット #125 ---> #110へ (写真左が#110 右が#125)
ニードルクリップ 一番下

パイロットスクリュー戻し回転数 3と1/2 のまま

セカンダリオープン時期 3500~4000rpm
(初期状態に戻した)

結果
アイドリングからの息つき感は解消された。
セカンダリが開き始めても回転は上がるようになったが、8000rpm位でまだ息つきが残る。アクセル全開にすればフケきる。
結論 ---> △

都道府県
北海道
キーワード
XT250T 30X YDIS キャブ
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 4.

トライ7
プライマリ側
メインジェット #122
ニードルクリップを2段下げて下から3段目へ(中間)

セカンダリ側
メインジェット #110 のまま
ニードルクリップ 一番下 のまま

パイロットスクリュー戻し回転数 3と1/2 のまま

セカンダリオープン時期 3500~4000rpm 位で開き始める初期状態のまま

結果
8000rpm位でまだ若干息つき感が残るが、低いギアで回転に合わせてアクセルを開けてゆけば問題なさそう。
120Km/hでの走行も可能

結論---> ◯
50km/h~80km/hの走行は6速のままで十分可能で、高速域での力強さは以前と比べ物足りないが、私のツーリング用途では十分なレベル。

都道府県
北海道
キーワード
XT250T 30X YDIS キャブ
関連サイト
サブカテゴリ
  
Chapter 5.

トライ8

8000rpm付近でのもたつき感解消のためプライマリ側のニードルクリップをもう一段下げ(下から2段目)てみたが、アイドリング時のガスが濃すぎてだめなので中間位置に戻した。パイロットジェットなどの手持ちも無いためこれ以上調整せず、トライ7のセッティングが今回のベストと判断。
この状態で燃費の改善が見られるか次回のツーリングが楽しみ。

しかしキャブのセッティング(特にYDIS)は、ちょっと変更しただけで同じエンジンなのにこれだけフィーリングが変わるとは難しいというか、やりがいがあるというか...
今時のバイクはインジェクションだからこんな調整はしないのだろうなあ。

都道府県
北海道
キーワード
XT250T 30X YDIS キャブ
関連サイト
サブカテゴリ
  

コメント

かまやつサロンさん [2013年04月25日]
はじめまして。キャブレター調整で困っていてたどり着きました。色々ご教示ください。
NORTHFOX AYさん [2013年04月27日]
見てくださってありがとうございます。何かご質問ございましたらお知らせ下さい。
かまやつサロンさん [2013年04月27日]
早速ですが、セカンダリ側がエンジン始動後はある程度吹けますが、しばらくするとゴボゴボとなり吹けなくなります。内部の掃除はかなり行いました。動作セッティングもマニュアル見て行いました。原因が分かりますか?もしかしてダイヤフラムの劣化かもしれません。伸びている感有ます。
かまやつサロンさん [2013年04月27日]
再々すみません。始動後は5分程度は上まで回ります。その後セカンダリ側のみ動かなくなりアイドリング状態であれば、安定しています。
NORTHFOX AYさん [2013年04月27日]
素人なのではっきりした事は言えませんが、始動後5分位まではOKでその後セカンダリが開くとNGということは(可能性として) 1.マフラーの内部詰まり。2.エンジンオイル不足。 などは大丈夫でしょうか? 吸気系で考えると、気にされているダイヤフラムもあり得るかもしれませんね。 ダイヤフラムが劣化して穴が開くとほんの小さな穴でも不調になります。穴はちょっと見ただけではわかりませんので、明るい方に向けて丹念に見てゆくと発見できるかもしれません。針でちょっとついたような穴から光がちょっとだけもれるのでわかるかと思います。私の経験では、よーく見ないと最初はわかりませんでした。あとはエアークリーナー内部の状態は大丈夫でしょうか?フィルター汚れの他、フィルター手前の金網や吸入入口部などに異物はありませんでしょうか。私のXT250Tについて言えばオリジナルのフィルターはすでにボロボロで、流しでつかう三角コーナー用のゴミネットを2枚重ねて(計4層)使っていますが、1枚(2層)の時と2枚(4層)の時ではキャブのセッティングも変わってきますので結構シビアな気がします。(口でスースー吹いてみても大して変わらないような状態ですが)
あとはプライマリー側ではありますがフロートの動作がスムーズであることと(セカンダリの燃料はプライマリ側からもらっているので)、セカンダリー側のスロットルがアクセル全開時に最大となるようになっているかなどでしょうか。
とりあえずこのようなコメントしか出来ませんがいかがでしょうか。あと友達リクエストしていただいても結構です(メッセージが使えますので)
かまやつサロンさん [2013年04月27日]
NORTHFOX AYさん ほご丁寧なお返事ありがとうございました。
NORTHFOX AYさん [2013年04月27日]
追加です。チョークの動作はいかがですか?内部の目詰まり等でチョークを戻してもチョーク状態が続いているとか。あと燃料タンク、ストレーナーの汚れ、燃料コック、燃料キャップ部からエアーは吸えているか、燃料ホースの曲がり、目詰まりなどがないか。(燃料が十分供給できているか)これはキャブ側で燃料ホースを外して何かの入れ物に出してみてじゃんじゃんガソリンが出ればOKですね。
かまやつサロンさん [2013年04月27日]
NORTHFOX AYさん 状態の説明がまだまだ不明瞭でした。すみません。現在エアークリーナーレスでパワーフィルター仕様になっております。始動テストはキャブレターむき出しで行なっています。アドバイスに基づき一つずつ対策してみます。ありがとうございました。
NORTHFOX AYさん [2013年04月27日]
了解しました。キャブむき出しであれば、エアーが整流されないので一度エアークリーナーボックスまでのゴムパイプ部だけでも付けて様子をみてはいかがでしょうか。(ボックスからは簡単に外せます)
あと余談であつかましいのですが、ひょっとして不要になったXT250T用の左サイドカバーなどはありませんか?もしありましたらご連絡いただけませんか?よろしくお願いします。あとマフラーですがエキパイより後の部分は現在未使用の手持ちがあります。お貸しすることは可能ですよ。
かまやつサロンさん [2013年04月27日]
ツーリングで落とされたんですね。サイドカバーは私も先日ヤフオクで入手しました。ボロボロですが。ウオッチリストでまた気づけば連絡しますね。

関連日記