G-Craft:Gクラフト:ジークラフトスイングアーム トリプルスクエアインプレッション クチコミ

0000002access

おんたまDXさん

プロフィール

誕生日
4月 1日  
血液型
B型  
都道府県
東京都  
活動エリア
 
ライダースキル
 
乗車頻度
 
整備スキル
 

ステータス

日記投稿件数
0件
インプレ投稿件数
5件
MYバイク登録台数
1台
友達
0人

高精度&軽量&グッドルッキング

2016/12/29 15:10

4.80 [ 取り付け・精度 5.0   品質・質感 4.0   性能・機能 5.0   使用感 5.0   コストパフォーマンス 5.0 ]
取付車種:
KAWASAKI KSR-2
評価のタイミング:
使用前   使用中   使用後
  • 期待通りの性能
  • 形状が良い
  • 細部の作りがしっかりしている
  • 信頼できるブランド

まず取付精度は純正かと思うほどにキッチリ、文句なしです。

ただ、自分の場合、YSSの倒立ショックのためか、スプリングとチェーンスライダーの間隙がギリだったので、少々逃がし加工をしました、といってもスライダーの樹脂をリューターで削っただけの小加工です、純正ショックなら問題ないのかも。。

あと、チェーン調整を目一杯短くすると、120-80-12タイヤだとユニトラックリンク取り付け用のブラケット溶接部に接触します、これは追々追加工予定です。

溶接の具合ですが、十分合格点なのですが、もっと良いアルミ溶接を知っているのでマイナス1とします。

肝心の重量ですが、ノーマルがチェーン引き部込、カラー・ボルト抜きで3.65㎏
Gクラフトが同条件で1.65㎏と半分以下、2.0㎏も軽量です、素晴らしい♪

見た目はもちろん良いですし、乗った感じも軽快です、ピポット部のベアリング化オプションの効果か、よく動くしなやかなフィールです。

純正にあったスタビライザーの設定がないので、剛性面はどうかなと思いましたが、スポーツ走行程度では体感は無いですね、コンマ1秒を争う様な場面ではわかりませんが、スタビライザーが無い分軽量なので、そのアドバンテージのほうが大きいかも。。

※この商品は友人や知人におススメできますか?⇒ YES!オススメできます。

参考になった 1人/1人   このインプレは参考になりましたか? はい いいえ

コメント(全5件)

satoさん
はじめまして。

私もKSR2にて、新品チェーンと新品の120/80-12のタイヤにて、ノーマルスイングアームのスタビ部分がタイヤと干渉してしまい(チェーンの遊びを限界まで追い込んで、動いていない時に2~3mmほどのクリアランスを設定しても、走り出すとタイヤの撓みでスタビと干渉しているようで、スタビが削れてきています。)、ノーマルスイングアームの錆等も気になることから、ノーマルを溶接加工+塗装(塗装は業者)しようか、この標準長のGクラフトのスイングアームにしようか悩んでいたところです。

ネットでKSR1・2+Gクラフトスイングアームの事を調べても、どれも4センチメートルロングの記事しかなく、メーカーの方もNSRホイール(必然的に120/80-12)用の物も出されていますが、そういった細かい部分の参考データなどあるわけでも無く・・・で、ずっと悩んでいた所で、おんたまDXさんのインプレは非常に参考になりました。

「やっぱり接触するのか~」が正直な所なのですが、“チェーン調整を目一杯短く”と言う所が気になっておりまして、通常はチェーンを新品にしても調整位置が目いっぱい前になる事はないと思うのですが(ツッコミを入れているわけではありませんのでご了承雄下さい)、一つ質問なのですがその接触しそうな部分はかなり削りを入れなければならないのでしょうか?(最悪削り落としてアルミ板+アルミ溶接加工しなければいけないとか)

宜しければお教え願えると助かります。

私のKSRの現状ですが、チェーンはRKの420MRU(Uリングチェーンで1000キロほど使用してますが殆ど伸び無しです)とゲイルにタイヤがIRCの750の新品。コマ数とスプロケは純正値と変わらずです。
おんたまDXさん
コメントありがとうございます。

返信遅くてごめんなさい。

自分の仕様は、チェーンがRKの420MU,ゲイルのタイプRにタイヤがDUNLOPのTT93GP、スプロケがフロント14Tのリア40Tです、全部走行1000キロ以内です、この使用にてタイヤとブラケット溶接部の隙間が12ミリほどあります、まだ試していませんがフロントを15Tにしても大丈夫かな、とは思っています。

接触したら、コマ数を増やすか溶接部を削ればよいかと、でも強度面の心配が出るほどなら、コマ数増やしますかね。。

溶接の盛り方に個体差もあるでしょうから、参考までに。
おんたまDXさん
計算しましたら、14T-40Tだと、15T-40Tに対して3ミリ後方に移動するだけみたいですね♪
satoさん
おんたまDXさん、回答の方ありがとうございます。

14T-40Tで12ミリメートルの隙間ですか・・・悩める所ですね。
今の私のKSRの状態が15T-40Tとフロントで一コマ多いので、おんたまDXさんの状態よりも随分と隙間がギリになりそうな予感がしますね。(420チェーンの一コマのピッチが12.7mmなので半分の6.35ミリメートル移動すると思います)

120/80-12のタイヤが純正の100/90-12タイヤよりも外周が約3パーセントほど大きくなって高速寄りになっているので、チェーンを108L→110Lに変えてリアスプロケットを1T増しにして(約2.5%程ほど加速型に振って)帳尻を合わせて、実質1コマ分増えた方向にして長さを稼ぐのもありかな~と考えております。

実際、Gクラフトのスイングアームはデザインも良く欲しい理由が“錆びない”のが一番なのですが、アルミの表面がくすんで来た時にマメに磨くかどうかが自分的に怪しくて(汗)、それならやはり純正スイングアームをサンドブラスト→塗装で綺麗にするのもアリかな・・・と色々悩んでいます。


情報提供ありがとうございました。もう少し悶々と悩んでみます!(笑
おんたまDXさん
おはようございます。

自分の場合、エンジンノーマルの80ccですので、15-40に120/80-12タイアだと6速の伸びが悪くなります、なので14-40にしたのですが、今度は6速ですぐに吹け切ってしまいます、14-39や14-38にして微調整したいのですが、チェーン調整幅やらコマ数の問題が。

悩ましいです(笑)